無料ブログはココログ

« まみチャングム!(光星☆)&サクラサク!~今、お届けしたい最新情報☆ スペシャル・プロジェクト~ | トップページ | 今でしょう!先生から学ぶ 放射性物質との向き合い方☆ 編集する »

サロン・オアシス メルマガ第278号: 薬と毒の境界線☆ 究極の地産地消・・・

<<2013年5月7日配信メルマガです>>


「薬も毒になり、毒もまた薬になる」


「薬も使い方を誤れば毒になり、
毒も使い方を変えれば薬にもなる」



あるドラマの中で、このように述べられていました。

中高時代の友人の職業は、医者が断トツで多いのですが、
彼らから、よく次のように聴かされます。

「(通常のケミカル)薬は、副作用を伴う。
 その副作用が強いと、むしろ毒になる」



30年を越える、長い付き合いの親友たちなので、
裏話も沢山教えてくれますが、さすがにそれは
綴れないので、単純な例を挙げると、


細菌を殺す抗生物質は、
ヒトには相対的に害が小さくなる様 作られる為、
ヒトには薬ではあっても、細菌には毒となる。



薬には、眠気を伴うものが数多くありますが、
時として、眠気は病人には必要な効能となるものの、
仕事や運転をする人には、副作用となる。



除菌ハンドソープは、ヒト様の衛生には
寄与してくれますが、それを洗面台から流すと、
自然界で活躍してくれる菌や微生物までもを。。。



これ以上、あまり深く入り込むと、
ぶっちゃけセミナーの様な内容になるので、
思いっきり視点を変えると、“薬と毒”は、
西洋医学のケミカル医薬品だけの話に留まりません。


身体に必要な栄養素を含む食べ物や、
自然界では一般に毒とされているものにも言えます。


高栄養価の食材であっても、摂り過ぎると、
痛風、高血圧、糖尿病になったりしますし、


時代劇で毒として良くもられる“ヒ素”は、
中医学では解毒剤、抗炎症剤としても活用され、
西洋医学でも、急性前骨髄球性白血病に使われたりと。



いずれにしても、
“薬と毒”の境界線は、
季節や体質、その使い方によって大きく異なります。


個人的には、遡ると、その根幹は、
生活習慣&心の在り方、地産地消&遺伝情報、
お水&生命誕生&細胞分化へと繋がる気がします。



ちなみに、
韓方医学の祖、“ホジュン”が編纂した
『東医宝鑑』の湯液篇には、


“水”が最初に記され、
しかも、そこでは“水”が33種にも分類されており、

このように綴られているそうです。


「人は日常に用いる水を軽視しすぎる。
 人の体を形作るのも水であり、
 寿命の長短もまた水と関係する・・・」


★このくだりは、過去のメルマガをご参照ください!
http://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11457620061.html


ちなみに、冒頭の言葉は、昨日、
最終回である第54話(GW中に完全制覇しました)
を見終えたばかりの『宮廷女官 チャングムの誓い』

からの引用です。


「薬も毒になり、毒もまた薬になる」


「薬も使い方を誤れば毒になり、
毒も使い方を変えれば薬にもなる」



結局本日は、
“デトックス”、“好転反応&リバウンド”、
“細胞修復&生まれ変わり”、“究極の地産地消”

まで辿りつかなかったので、それについては、
5月19日にお伝えさせて頂くかもしれません☆

<サロン・オアシス イベント情報>
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/

« まみチャングム!(光星☆)&サクラサク!~今、お届けしたい最新情報☆ スペシャル・プロジェクト~ | トップページ | 今でしょう!先生から学ぶ 放射性物質との向き合い方☆ 編集する »

サロン・オアシス☆ メルマガ抜粋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« まみチャングム!(光星☆)&サクラサク!~今、お届けしたい最新情報☆ スペシャル・プロジェクト~ | トップページ | 今でしょう!先生から学ぶ 放射性物質との向き合い方☆ 編集する »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック募金BP