無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

<6月23日> ~メルマガではお伝え出来ない裏話スペシャル~ 『ぶっちゃけ☆ご縁の集い』

今、私たちは大きな変わり目にいます。

様々な現象、宇宙の流れを読み解くと、
6月末より、目の前の世界が
大きく変わる可能性さえあると感じます。
 

私は今まで、様々な理由から、
情報開示には、細心の配慮して参りました。

そのスタンスは、これからも変わりませんが、
6月末からの大きな変化を見つめていると、
どうしてもお伝えしておきたいことが湧き上がり、

そうしないと後悔しそうな気がしています。

2月11日、4月7日ぶっちゃけセミナーも、
同じような想いで開催させていただきましたが、
今回は、それ以上に深い想いです。


『ぶっちゃけ☆ご縁の集い』
~メルマガではお伝え出来ない裏話スペシャル~
◇6月23日(日)午後2時~4時 in 自由が丘


当日、具体的にお伝えさせて頂く内容は、
これから、吟味に吟味を重ねて決定いたしますので、
告知文では、あえてはっきりと謳いませんが、
“ビビッ!”と感じて頂けましたら、
是非参加いただけると嬉しいです☆

今回は今まで以上に、ぶっちゃけさせて頂きます!
ブログやメルマガでは、ディープ過ぎて書けないことまで♪


ご参考までに、関連メルマガを貼らせて頂きます☆


『本来あるべき姿へ原点回帰~食の観点より~(前篇)』
http://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11543200794.html

『薬と毒の境界線☆ 究極の地産地消・・・』
http://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11541671511.html

『お水がもつ情報とエネルギー☆ DNAは知っている!』
http://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11457620061.html

『Part2 今へと繋がるもの☆ 本当の隠蔽は・・・』
http://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11503293421.html

『今へと繋がるもの☆ 本当の隠蔽は・・・』
http://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11483440533.html

『待っているだけの自分に届けられる情報とは』
http://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11483436045.html

『伝えられている情報の真の姿を受け取ること・・・』
http://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11485802867.html


『ぶっちゃけ☆ご縁の集い』
~メルマガではお伝え出来ない裏話スペシャル~
◇6月23日(日)午後2時~4時(開場1時半)


<会場> ソフィアホール(3F)
  世田谷区奥沢5-41-12ソフィアビル3階
  
http://www.sophia-jp.com/studio/map/map.htm
  東急東横線・大井町線 自由が丘駅より徒歩3分

<ご参加費用> 2,000円 ~満席です~
 

いずれにしても、基本は“ご縁つなぎ”の、
素敵な仲間との交流会です。よろしければご参加ください☆
(講師の先生はお呼びいたしません)

<お申込み方法>
・下記「お申込みフォーム」にご記入頂き、件名を『ぶっちゃけ☆』、
 とし、メールにて sakura-ke@nifty.com   までお申し込みください。

・返信メールにて、詳細をお知らせいたします。

*****< ぶっちゃけ☆ お申し込みフォーム >*****
(1)お名前:
(2)フリガナ:
(3)電話番号:
(4)E-mail アドレス:
(5)生年月日(省略可):
(6)ご出身地(省略可):
****************************

<サロン・オアシス イベント情報>

http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/

サロン・オアシス メルマガ第284号: 本来あるべき姿へ原点回帰~食の観点より~ (前篇)

昨日のメルマガに関連し、
「食」について、ご質問を多数頂きましたので、
まとめてで恐縮ですが、少しお伝えいたします。


はじめに。。。


・今、話題のFI種は、掛け合わせた雑種であって、
 遺伝子組み換え作物とは、本質的に違うことを、
 皆様、ご存知でしょうか?


・掛け合わせの雑種、品種改良なんて昔からあるのに、
 そもそも何が問題なのか、考えたことはありますか?



これ自体については、文章で述べ始めると、
長くなり過ぎるので、省かせて頂きますが、
原発問題もそうですが、残念ながら私たちは、
何かが起こらないと、問題意識を持たない傾向にあります。



私の実家は、京都で乾物屋を営んでいました。

免疫力を高める、食の基本だと云われる

『まごはやさしいこ』
(豆類、ゴマ、ワカメ等海藻類、野菜、
 魚、シイタケ等菌類、イモ類、酵素)


は、何らかの形で全てを取り扱っており、また、


右隣は『味噌(塩麹含む)屋』、左隣は『かしわ屋(鶏肉・卵)』
向かいは、『寿司屋』、『八百屋』、『果物屋』、『佃煮屋』、
本当に沢山の新鮮な食材に囲まれ、毎日暮していましたが、

最近街で見かけるものの多くは、
色や香り、肌触りに違和感を感じることが少なくありません。



当時の自営業者の子供は、
家の手伝いをするのが当たり前で、
小学生の頃には、忙しい時期になると、

『丹波の黒豆、小豆、大豆、鰹節、出汁じゃこ』等を
100gや200gずつ袋詰めしたり、


自転車で10分ほどの湯葉工場に、
乾燥丸湯葉、乾燥角湯葉、生湯葉などを仕入れに行き、
一枚ずつ乾燥する為に掛けられた、
すくったばかりの湯葉の香りに包まれたり、



中学受験するまでは、乾物屋を継ぐ予定だったので、
京都中央卸売市場への仕入れにも、時々ですが、

ついて行ったりしていたので、多種多様の食材の
『色、香り、肌触り、そして勿論、味』
に触れながら育ちました。



表現は非常に難しいですが、
今こそ、『食の原点回帰』が大切だと深く想います。


味覚は究極の主観だと思いますし、
味についてとやかく言うのは、下品だとも思いますが、

多分、このメルマガを読んでくださっている皆様が、
『本来の食の味とエネルギーが分かる最後の世代』
だと感じています。



聴くところによると、昨今の若者には
(じじくさい表現ですが、そんな世代となりました)、
味覚障害が増えているそうです。


様々な研究者がそう言うのですから、
データ的にはそうなのでしょうが、
私は時々思います。
それすら進化なのかもしれいないと。


良し悪しで云えば、退化かもしれませんが、
いわゆる人類の進化時間軸からすれば、
右肩下がりのエネルギー、波動認識力の進化です。



残念ながら、私の友達、同世代でも、
既に、本来の味を忘れてしまったり、
当時より、化学調味料づけの人々も少なくありません。



そして今や、
それに加えて、F1までが。。。


古来より、掛け合わせの雑種は、
味、風味、強さ等“いいとこどり”の為に作られましたが、


昨今のF1種では、あえて、味を弱めているものさえあります。



それは何故か。。。


やっぱり長くなり過ぎたので、
後篇へと続くです(今回は必ず書きます!)
 <
後篇は、メルマガ限りです>


『米西部の農場で無認可の遺伝子組み換え小麦』
http://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11541132610.html


ちなみに、これはF1ではなく、
遺伝子組み換え作物のニュースです。

<サロン・オアシス イベント情報>
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/

今でしょう!先生から学ぶ 放射性物質との向き合い方☆ 編集する

前回メルマガ後編に綴るトピックは準備したのですが、
本日は興味深い内容を一つ、お届けします。
最後には、放射性物質との向き合い方も。

大手予備校・東進ハイスクールで現代文を教える
林修さん(47才)に関する記事抜粋より。

*****
これまでの講師経験から東大合格者には、
次の3つの特徴が挙げられるという。


●マザコン
●親から勉強しろと言われなかった
●完璧主義ではない


「母親が手をかけてきっちり育てているので、
 子供はそんな母親のことを大好きになるからマザコンになる。

 そして、親が子供のことをちゃんと見ているから、
 勉強しろなんて言わないのです。

 できる子というのは、自分に自信があるので、
 できないことをできないと率直に認めて、
 得意科目をさらに伸ばすことを考える。

 嫌いな科目を捨てて得意な科目で補えば、
 東大には受かります。けっして完璧じゃなく、
 できない自分も受け容れるわけです」

母親たちの中には
「東大に入るような子は“地頭”がいい」
と言う人もいるが、著者は

『3~5才までの育て方が大きな分かれ目だと指摘する』

この時期に子供ときちんとコミュニケーションを
取っているかどうかで“できる子”になるかが決まる。

「いいかげんで怒気に満ちた言葉を使っていると、
 子供のコミュニケーション能力は上がりません。

 子供に聞かせる日本語のレベルを上げ、
 知的好奇心を高めるようなコミュニケーション
 を取ることが大切です。

 それをやらずに、子供が大きくなったとき、
 “うちの子は全然勉強しない”と言っても手遅れなのです」

(全文はこちらです)

http://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11542372539.html 
*****

これは沢山のことに当てはまる気がします!

勿論、この条件に当てはまらない人でも、
東大に入り、仕事で成功する人は
沢山いますが、東大に進んだ
数十名の中高の同級生を想い出しても
なるほどと納得です。

ですが、3つの特徴、全てに当てはまりながら
2度も東大を落ちた私と受かった友達を比べると、
あと2つあるような気がします。


●やるからには、手を抜かず最後まで全力でやる
●なぜやるのか、目的意識がしっかりしている


ちなみに、私の場合は、
「出来るだけ勉強せずに受かることが
 自分の価値を高める」と勘違いし、更には、

「官僚になって天下る為の東大法学部」
と迷わず受験したところ“こっぱみじん”でした。。。

ところで、唐突ではありますが、
なぜこれが『放射性物質との向き合い方』と
関係するのかを述べますと、

「できる子というのは、自分に自信があるので、
 できないことをできないと率直に認めて、
 得意科目をさらに伸ばすことを考える。

 けっして完璧じゃなく、
 できない自分も受け容れるわけです」

未曽有の今を生き抜くには、
この精神が大切だと思うからです。

社会の風潮、自分の常識にとらわれず、
本質、本当のところを、良く知らないことは、
分かった気でいるだけの自分を認識し、
出来る事からコツコツ学び、実践することが、
本当に大切だと痛感しているからです。

刻々と変化していますが、
ある筋によると、昨夜より日曜日に掛けて、
放射性物質が福島から関東、東海、関西位まで、
飛散、拡散するとの情報があります。

自分自身で判断するしかありませんが、
私も光星☆さんも、昨夜、
体感的な不調和を強く感じた為、
今、私たちに最善だと信じる対処法を
施した直後に、この情報を知りました。

一方で、昨日、このような結論が述べられたそうですが、


『住民に健康影響出ない…福島原発事故で国連科学委』

http://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11542360158.html 

今から25年位前・・現在を示唆するように
私は大学時代、しつこく教えられました。


1986年4月26日に発生したチェルノブイリ原発事故
の影響が、子供たちから順番に、本格的に出始めたのは、
4~5年経ってからのことだと。


「直ちに人体、健康への影響はございません」

数年前、何度も耳にした言葉ですが、
今の私の心境はこんな感じです。


★解毒と免疫力アップ(心も身体もエネルギーも)

「いつやるか? 今でしょ!」

とにかく、そう思う、今日この頃です。

<サロン・オアシス イベント情報>

http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/



 <<ご参考>>
『直ちに』については、

2016年5月8日のメルマガに
その本質を綴っています!


『情報のからくりを見極める方法!』
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post.html

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

クリック募金BP