無料ブログはココログ

« 2019年、強力な大願成就への始まりの始まり☆  全惑星順行&宇宙謹賀新年・春分の日へ! | トップページ | 登山家・野口健が「ボロクソ言われ日記」を書く“表の理由”と“裏の理由” »

「U.S.A.」(DA PUMP) ~仕掛けだけじゃなく、 実力ありきなんですよね!~

夏の音楽特番などの歌番組からバラエティまで、
引っ張りだこのDA PUMP。

■“ダサかっこいい”から4ヵ月、
今もヒットが続く「U.S.A.」で証明した“確固たる実力”


「U.S.A.」のダサいジャケット写真、
ダサかっこいいミュージックビデオが
ネット上でバズったのが今年の5月。


ミュージックビデオがYoutubeで
公開されてから10日で200万回再生されるなど、
瞬間風速のすごさから「6月のシングル発売まで勢いが持つのか」
と心配するファンの声がSNSに上がっていたが、
その勢いは衰えるどころか今も加速し続けている。


その後も再生回数を伸ばし、7700万回(9月現在)を超えている。
さらに、オリコン週間デジタルシングル(単曲)では
7月23日付に1位に輝いており、
最新ランキング9月24日付でもトップ5に位置している。


「昨年“バブリーダンス”で話題を集めた
荻野目洋子の『ダンシング・ヒーロー』など
ユーロビートの再評価が来ている
時代にマッチしていたこともありますが、
この人気の基盤にあるのは彼らの“実力”」

と話すのはメディア研究家の衣輪晋一氏。


「ISSAさんの歌声もダンスも
当時から芸能界屈指と折り紙つきです。

初めて見た若者にとっては“に
実力のあるパフォーマー”でしょうし、
デビュー当時を知っている我々から見ても
劣化はまるで感じられない。

所属事務所・ライジングが大事にしている
パフォーマンスの高さ、生歌の完成度を体現してきたのが
DA PUMPであり、けん引してきたのがISSAさん。

また、表舞台に姿を見せない間、
無料ライブなどで地道に頑張っていたことなども
ファンには刺さっています。


単なる“バズ”ではなく“ムーブメント”にまでなったのは、
そんな彼らの“本物”感によるところも大きい」
(同氏)


事務所の後輩であるw-inds.の橘慶太も

「(『U.S.A.』のヒットは)仕掛けだけじゃなく、
実力ありきなんですよね。

実力のある人たちがやるからカッコイイわけだし、バズったんです」

と、ORICON NEWSのインタビューで語っている。



安室奈美恵が引退した翌日に放送された
ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の
『ウルトラFES 2018』では、

「U.S.A.」のラストを、
安室奈美恵の楽曲「a walk in the park」
の振り付けに変更してサプライズ披露した。


ISSAのアクターズスクール時代の
“元先輩”へ向けての無言のエールとリスペクトだったのだろう。

遊び心の効いた粋な計らいにSNSでは
「感動」「安室ちゃんを入れてくれて本当にありがとう!」
「DA PUMP最後すぎる」など多数の称賛が上がった。



それ以前も同じ個所を「ダンシング・ヒーロー」
「世界に一つだけの花」「ラブレボリューション21」
などの振り付けに変更し、
常に観客を盛り上げるパフォーマンスを魅せてきたDA PUMP。


観る人を楽しませることに長けているため、
SNSなどネットへの話題提供も上手いと言える。

だが重要なのは、これが作為的には感じられないことだ。

「これやろうよ、絶対お客さん喜んでくれるよ!」
――そんなISSAの声が聞こえてくるようだ。


■ヤンチャなイメージを経て、チャーミングな大人に 自然体なトーク力も魅力

かつてのISSAといえば女性との噂が絶えなかったことや、
ヤンチャで生意気なイメージがあったことから、
デビュー当時は本来の実力よりもスキャンダルに注目されがちで、
バッシングやアンチの数も少なくなかった。


業界政治的な部分でも苦労したかもしれない。
そんな苦難もあってか、年齢を重ねた今はいい感じの丸みが出ており、
チャーミングなオジサン(⁉︎)になっている。


メディアへの露出が少なかった時のことを語るときも、
「女性問題で…」「嫌で隠れていた」など、こちらも隠すことなく自然体。


「彼女いない」発言のあとの“結婚発覚”も
「すでに結婚していたので」などの返しに、
SNSでは「一本取られた」「大喜利かよ」などの声で賑わった。



「中には不遇の時代を“黒歴史”とタブー視するタレントもいますが、
ISSAさんは隠すことなく話します。


ISSAさんはDA PUMPの看板をおろそうと悩んだこともあるそうですが、
事務所社長さんから

『ISSAがいるうちはDA PUMPでいいんじゃない』
と言われ『ふっきれた』と語っています。

また『DA PUMPってまだやってたんだ』と言われても、
『“はい!”って言うだけですね。

僕は歌って踊ることしかできないんで。
これしかやりたいことがなかったんです』
と真っすぐでアツい発言。


「U.S.A.」一辺倒では飽きられてもおかしくないはずだが、
そうでないのは過去に積み上げてきた確固たる実力、
今の素晴らしいメンバーたちはもちろんのこと、

ISSAの“天性の人たらし”ともいえるほどの人間性も
大きいのではないだろうか。


年末の歌番組でもおそらく引っ張りだこ。
彼らがどんなパフォーマンスを見せてくれるか今から楽しみだ。


<<出典元>>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000326-oric-ent

« 2019年、強力な大願成就への始まりの始まり☆  全惑星順行&宇宙謹賀新年・春分の日へ! | トップページ | 登山家・野口健が「ボロクソ言われ日記」を書く“表の理由”と“裏の理由” »

サロン・オアシス☆ メルマガ抜粋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2019年、強力な大願成就への始まりの始まり☆  全惑星順行&宇宙謹賀新年・春分の日へ! | トップページ | 登山家・野口健が「ボロクソ言われ日記」を書く“表の理由”と“裏の理由” »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック募金BP