無料ブログはココログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2020年 命を護る大切な情報!

ある記事を読んで全てが腑に落ちた。
そして、覚悟が決まった。

2020年へ向けて、自分自身、
大切な人々の命を護る重要情報。


「都市化されている下流地域に

 被害が出ないように、
 上流部であえて氾濫させる」

橋下徹氏の発言で全てが繋がりました。


私は、京都生まれ京都育ちですが、

大阪生まれ、疎開で滋賀育ちの父、
東京生まれ、疎開で福島育ちの母、

に育てられた為、京都の古いことは、
近所のお年寄りから教えられ、
住んではいけない場所もそうでした。


ただ、そんなこと完全に忘れていた頃、
東京に進学し、驚いたことがありました。

幼い頃、お年寄りから教えられた場所が、
バブル間近の東京では、超人気だったこと。


振り返ると、大学受験に失敗し、

第2志望に入学した私は、完全に部屋探しに
出遅れ、やっと紹介してもらえた
ある部屋で、本気で落ち込んだのでした。

工場地帯の名残りが強く、しかも、
昔は沼地で、3月でも湿気が強かったから。
(結局そこには住まずに済みました)

今は見違えるほど綺麗な場所に生まれ変わり、
出向く度に本当に驚きますが、そこでも、
今回の台風被害が出ていました。


昔の生活の智慧は、本当に偉大です!

幼い頃、私たちに昔の教えを下さった
お年寄りは、全員、既に旅立たれ、

東京に出て30年が過ぎ去った今、
京都に帰る度に驚かされます。

住んではいけないと教えられた場所に、
バンバン立派な建物が経ち、
人気スポットになっているから。


だから、今回の橋下氏の発言に、
驚いたのです・・・

先祖代々の智慧を受け継ぐ方々は、
政治的な取り決めなど知らずとも、
大切なことを守って生きて来たから。


  <<ご参考>>
災害の記憶をいまに伝える日本全国「あぶない地名」
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-6ab704.html




虹のひかり光星さんと私の
マニアックな(?)引越し方法について、
ルーツ☆ナビゲイターで
昨年、詳しくお伝えしましたが、

昔、教えられた私のこだわりも、
相当なものではありますが、

光星さんのチェックポイントは
本当に細かくて、前々回の引越しでは、
そんなこと気にしていては決まらないと、
ちょっとイラっと?!と来ました。


ですが、
橋下氏、災害スペシャリストの

教えにも合致しており、

しかも、

先祖代々受け継がれて来た智慧
見える世界と視えな世界の教えにも、
知れば知る程、深く繋がっているので

前々回の引越し時の私の暴言に対し、
深く陳謝せねばなりません☆



昨年9月24日セミナーでシェアした、
2019年へのお宝タイムのお勧めを
昨夜、読み直してみたところ、

今年の豊かさへの留意点に加えて、
2019年の水害に対する備えと、
大切な心得まであり、今更ながら、
深い想いになっています。


2020年は、
ラグビーワールドカップより影響力の強い、
東京オリンピックが開催される上に、
宇宙的にも水への備えの重要性が高まる為、

2019年以上に、
お宝タイムでの積み重ねと実践が、
自分自身や大切な人の運命を分けます。



10月セミナーでは、メインテーマ
『自分自身の真の豊かさ』へ
会場ならではのスペシャルな方法で、
初めて取り組みますが、

その為に必要不可欠である命の安心安全、
水への備えや取り組み、
社会&経済&政治体制変動についても、
お伝えしますので、お楽しみに♪


先人からの智慧と
視えない世界からのメッセージ、
ありがたしで、恐るべしです☆

というわけなので、
10月セミナーご参加の皆様は是非♪

今回はご都合の悪い皆様も、
次の記事をご覧ください!


橋下徹氏が明かした治水行政に驚きの声
「あえて上流で氾濫させる」
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-f7b555.html



ここ数日、多くの皆様が、
次の様なご感想を寄せて下さいました。

「光星さんと佐倉さんが、
 命を救われたと話されていた方法を
 台風前に一心不乱に取り組んだところ、
 我が家の周りは大変そうでしたが、
 お陰様で、我々は無傷で済みました」

「佐倉さんがフェイスブックやアメブロで、
 綴られた、台風前に取り組まれた方法を
 試したお陰で、不安が消え、助かりました」


メルマガの配信には限りがある為、
急な重要情報は、
フェイスブックやアメブロにアップしますので、
よろしければ是非ご参考になさって下さい♪


時代が明らかに変わった☆ 
2020年からの大変革、光が差し込む人々へ!
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12535665723.html
☆ライトに書いていますが、その裏側は奥が深いです

『フェイスブック: 佐倉英行』
https://www.facebook.com/hideyuki.sakura

 

  <<今後のお知らせ>>

(1)東京会場枠は、お陰様で、間もなく満席です!
 
(2)ご欠席扱いお申し込みの皆様へは、
   セミナー重要サマリー&ギフトエッセンス
   をお届けします♪

(3)大阪会場は、お一人お一人の星と合図をヨミトキ、
   2020年☆真の豊かさへのヒントをお伝えする
   ルーツ☆ナビゲイター形式で取り組みますので、
   星を深くヨミトク為に、お分かりの方は、
   「生年月日&生まれ時間」をお知らせください♪


“サロンオアシス & 虹のひかり”がお届けする!
☆★☆ 数百年に一度の大変革2020年へ ☆★☆
『 宇宙のターニングポイントへ☆真の豊かさスペシャルセミナー 』
・10月20日(日)13時45分~16時15分 (大阪)
・10月27日(日)13時45分~16時15分 (東京)
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-e9593d.html

  <<ご参考>>
『お宝タイム! ~2020年は数百年に一度の大変容~』
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-c0f819.html

 

<サロンオアシス イベント情報>
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/

災害の記憶をいまに伝える日本全国「あぶない地名」

世界で最も災害の多い国、日本。

かつて我々の先祖たちは、災害の恐ろしさを地名に託し、
後世に伝えようとしていた。


「きれいな地名」は要注意

都内屈指の高級住宅街、東京都目黒区自由が丘。

「住みたい街」ランキングでは常に上位にランクされるこの地に、
戦後から暮らす80代の男性が自由が丘の過去について、
驚くべき証言をした。

「この辺りには、かつて大岡山から大蛇が襲ってきた
という言い伝えが残っています。
おそらく水害をなぞらえているのでしょう。
今では考えられませんが、かつてこの地では、
子供が溺れる水難事故が多かったようです」


男性によれば、'14年秋のゲリラ豪雨の際、
家の目の前のマンホールから水があふれ、
蓋が浮くほどだったという。


——災害大国日本。
そう呼ばれるこの国は頻繁に天災に見舞われてきた。
これからの時期は、台風によって各地で水害、
土砂災害が出ることだろう。

日本には、長い歴史の中で、
幾度も天変地異に遭っている土地が存在する。

そういう場所には
先人が災害を示唆する地名を

つけていることが多い。つまり地名を知れば、
災厄を予見し、我が身を守ることもできるのだ。

だがそうした地名は、
時の流れの中で名称が変わってしまい、

表面的にはその危険性が
まったくわからなくなってしまっている土地もある。

今回は、そんな様々な「あぶない地名」のその後と、いまを歩いた。


現在の目黒区自由が丘、緑が丘、世田谷区奥沢にあたる地域は、
かつて「衾(ふすま)村」と呼ばれていたという。

その由来は諸説ある。

『郷土目黒』(目黒区郷土研究会発行)によれば、
かつてこの地が谷に挟まれた「はざまの土地」であったことから、
それが転訛して「ふすま」と名付けられたとしている。

他にも、
馬が足を取られやすい湿地であったために、
それが「伏馬(ふしま)」と言われ、
後に「衾」へ転じたという説もある。

どちらにせよ、この地域一帯は谷間にある低地で、
周辺の川から水が流れ込みやすい場所だったのだ。



実際に、
今でも自由が丘には水害の危険性がある。
この地域のハザードマップを見れば
そのことが手に取るように分かる。

東急大井町線の自由が丘駅から緑が丘駅に至るまでの
線路脇を実際に歩いてみると、
住宅が密集して立ち並んでいるが、
ハザードマップによれば、
家屋の2階まで届く2m以上の浸水が予想されているのだ。



自由が丘をはじめ、日本全国には「○○が丘」や「○○台」、
あるいは「希望」や「光」といった
明るい意味の単語を使った地名は数多い。

そのほとんどは近年つくられたばかりの新興住宅地。

ところがそうした場所は、
古い地名が災害と関係していることがしばしばある。


そう語るのは「地名情報資料室」を主宰し、
『この地名が危ない』(幻冬舎新書)などの
著書をもつ地名評論家の楠原佑介氏だ。


「新地名が一つ誕生すると、
少なくとも数個の旧地名が抹消されます。
そうなるとその土地に根付く伝承、
それこそ災害の歴史も人々から忘れ去られてしまいます。

残念なことに今の日本には
『聞こえの悪い地名は変えてしまえ』
という風潮が蔓延しています。

不自然に明るい印象を受ける地名が付けられる背景には、
行政や企業が災害を示す旧地名、
いわゆる『あぶない地名』を隠そうとする
意図が見られる場合もあるようです」



楠原氏が「あぶない地名」と表現する、
災害と密接に関連した地名。

その中でも比較的分かりやすいものが「蛇」のつく地名である。



公園や橋の名に痕跡が
戸建ての住宅が整然と立ち並ぶ、
愛知県名古屋市天白(てんぱく)区もそうした、
「蛇地名」をもつ地域のひとつ。

『天白区の歴史』(愛知県郷土資料刊行会発行)には、
〈蛇が多くおって、土砂を取るために崖を崩すと、
蛇が群がって落ちてくる〉と記されているように、
この地区は土砂崩れを示唆する「蛇崩(じゃほう)」
という地名で呼ばれていた。

区役所総務課を訪れ確認したところ、
確かにその通りだという。

区内を流れる天白川によって、
天白区は何度も土砂災害に遭っている。

'00年に起こり、のちに内閣府が「激甚災害」に指定した
「東海豪雨」でも川が氾濫。
区内全域に土砂濁流が押し寄せ、2名の死者が出た。

天白区にある住宅メーカーの従業員に
この土地について尋ねてみると、

「この付近は、地形として谷底の低地。
そのため天白川による浸水の可能性は高く、
液状化の恐れも否定できません」
という返答があった。



やはり蛇崩は災害に深く結びついているらしい。
一方で、町の先々で道行く人に蛇崩の名について尋ねてみたところ、
「知らなかった」という答えばかり。

蛇崩という地名は人々の間で忘れ去られてしまっている。

そうした中で、
住宅地の中にひっそりと佇む「蛇崩第一公園」
と名付けられた公園を発見した。

気をつけて見ていれば地名の面影はしっかりと残されているのだ。



長年、山津波に襲われ続けてきた
歴史をもつ長野県南木曽(なぎそ)町。

'14年7月9日にも大規模な土石流災害が発生。
JR中央本線の鉄橋が流されるなど、その被害は甚大だった。

住民たちはこうした南木曽町で起こる
山津波をある独特な言い回しで表現している。


「大雨が降り続いているときに、
急に沢の水が止まることがある。
それが『蛇抜け』の前兆。すぐに逃げなくてはならん。
さもないと石が鳴り出して、蛇抜けが起こる」
(80代男性)


住民たちが使う、
聞きなれない「蛇抜(じゃぬけ)」という言葉。
もちろんこれも、天白区と同様の蛇地名で、
大雨による土砂崩れ地帯を示している。

注意深く町の周辺を散策すると
「蛇抜橋」や「蛇抜沢」といった標識が目に入る。

また、かつての中山道沿いを進むと、道の端々には、
かつての土砂崩れによって運ばれた巨岩が点在していた。

さらに町の中心部まで歩いていくと
「蛇ぬけの碑」と書かれた慰霊碑を見つけることができた。
そこにはこう刻み込まれていた。


——長雨後 谷の水が急に止まったらぬける 
蛇ぬけの水は黒い 蛇ぬけの前にはきな臭い匂いがする——


'53年に起こった土石流の犠牲者を祀るこの慰霊碑には、
蛇抜の教訓がはっきりと示されていた。


「高級」なのに「洪水」

歴史に残るような大規模な災害。
これらが発生した場所には、多くの場合、特有の地名がある。

今から30年以上前、'82年7月23日から翌24日にかけて、
長崎市内を集中豪雨が襲った。
「長崎大水害」と呼ばれるこの水害で、市内全域は瞬く間に冠水した。

被災地の中でも、23人という多くの犠牲者を出したのが
長崎県長崎市鳴滝(なるたき)だった。

この町はかつて幕末期に出島で医師を務めた
ドイツ人・シーボルトが開設した鳴滝塾があった場所として有名で、
現在も観光客で賑わう。だが実は水害多発地帯としての一面もある。



「鳴滝」という地名について
『地名用語語源辞典』(東京堂出版)では
〈水音をたてる滝。水音の激しい急流〉と説明しており、
水が激しく流れる土地を示している。

長崎大水害で甚大な被害を出した鳴滝だが、
被災現場を訪れたところ、もはやその面影はなかった。

新しく建てられたのであろう住宅を含めて、家々が密集している。


この鳴滝は昔、人々が頻発する水害を避けたため、
それほど住宅はなかったそうだ。
それが近年になって引っ越してくる人が急増し、
今のような住宅地を形成しているという。
その理由を、長崎市内の不動産業者はこう指摘する。


「少し前に、鳴滝を『高級住宅地』にする
触れ込みがありました。
それからですよ、どんどん家が増えていったのは」


たしかに町を散策してみると、
シーボルト記念館の周辺は綺麗に整備されており、
異国情緒すら感じられる。

ほどよく自然もあって、閑静な山の手といった雰囲気だ。
不動産業者は続ける。


「お店に来る年配のお客さんの中には『高級住宅地』
という宣伝文句に惹き付けられて鳴滝に家を建てた方が
大勢いらっしゃいますが、後から防災マップを見て、ビックリされますよ」



同じく九州は福岡県みやま市瀬高町東津留(ひがしつる)。


19世紀から今に至るまで20回以上、
町を流れる矢部川の氾濫に遭っている。

'12年7月11日~14日にも、
梅雨前線に伴う集中豪雨によって矢部川の堤防が決壊、
濁流が東津留の家々を呑みこんだ。

この堤防が決壊した現場周辺には
「津留」という地名がよく見られる。

矢部川を挟んで東津留の反対にある
柳川市大和町六合という地区は、
かつて「西津留」と呼ばれていた。
さらにその両地区を「津留橋」が結んでいる。


津留地区で一番の長寿である93歳の男性に話を聞くことができた。

「『津留』という地名はよう水害が起こる場所だと、
わしらぐらいの者はみな知っとる。
矢部川が鶴の首みたいに蛇行してるだろ。
わしが小さい頃はそこからしょっちゅうキレよった(氾濫した)」



現地で矢部川を間近にすると、
確かに鶴の首が曲線を描いているように、
大きく蛇行している様がよく分かる。
この「鶴」が「津留」となり、今に歴史を伝えているのだ。



大都市圏も油断はできない

一方で、災害が起こりやすい地名を見つける際、
土地の今の様子だけを判断材料にしてはいけない。

川や山に近い場所は当然、災害も発生しやすいが、
大都市の中心部であっても油断はできない。

大阪府大阪市鶴見区放出(はなてん)も
そうした土地に当てはまる。



大阪市の東部に位置するこの放出は、
マンションやスーパーマーケット、工場などが
立ち並ぶ活気あふれる町だ。

駅に降り立って辺りを見回しても、
災害とはまったく無縁な風景が広がっていた。

しかしこの町を明治時代の古地図で見ると、
様相は一変する。

かつてこの地は田畑や池が非常に多い低湿地帯だったのだ。
北には寝屋川、南には第二寝屋川、そして西には淀川と、
3つの川に囲まれる形になっているこの放出。

それゆえ川が氾濫すれば、
水が一気に町に流れ込む可能性が高い。



「かつてあった湖水が、淀川に合流する地点で、
水を放出していた。昔から水の集まりやすい土地として、
『放出』と呼ばれるようになった」(70代の住民男性)。


'72年と'76年の二度にわたって発生した
寝屋川の氾濫による水害を体験した、
放出で長年暮らす80代の女性はその時の苦労をこう打ち明ける。


「あの時は生まれて初めて床上浸水を経験しました。
家にも泥水が流れ込んでそれはもう大変でしたよ。
三日三晩、朝5時に起きて夜の10時まで泥を掻き出す作業をして、
もういっぺんに歳をとった気がしました」



放出の住民たちは、

「今は(寝屋川や淀川は)整備されているから大丈夫」
と話すが、これは油断以外の何物でもない。

国土交通省のハザードマップでは、
寝屋川の氾濫時には1~2mの浸水が、
さらに淀川の氾濫時には同2~3mが見込まれている。

これは大阪市内の他の地域と比較しても、
きわめて危険度が高い。
「水害は過去のもの」とは単なる思い込みにすぎないのだ。


そこは「ガケ」です

さらに、冒頭で東京都内・自由が丘の意外な危険性を紹介したが、
首都圏に戻ってみても、他に多くの災害地名が存在する。


神奈川県横浜市中区野毛(のげ)町は、
野毛山動物園を頂点とした丘陵地となっている。

町は起伏が激しく、道路脇の急傾斜は、
今にも崩れそうな状態をやっと抑えているかのように舗装されている。



'14年10月、この町の一部で崖崩れが発生して
寺院に流れ込み、僧侶が1名亡くなった。

近くの住民は、
「事故が起こるまで、『崖がある』という程度の認識で、
そこまで危険だとは思っていなかった」と言うが、
実はこの「野毛」という地名が、災害を警告していた。

『横浜の町名』(横浜市市民局)では
〈ノゲとは崖のこと〉としている。

つまり野毛が、
崖崩れや土砂崩れが起きやすい土地だと明示されている。



さらに『横浜の町名』の続きには、
〈野毛町の地域には、有名な切り通しがあり、
この切り通しは「野毛」という地名が意味する崖を
まさに切り取っているのである〉とある。

山を切り開いてできた町が野毛の本当の姿。
危険があって当然なのだ。



他にも思いがけない災害地名として、
「蟹」というものがある。

神奈川県川崎市高津区蟹ケ谷(かにがや)
はそんな蟹がつく珍しい地域だ。


川崎市発行の『川崎地名辞典』には
〈「蟹」は、「剥落しやすい土地」を示す「カニ」から来たもの〉
と、その由来が記されている。

それを証明するように、
'89年8月にこの蟹ケ谷で崖崩れがあった。


当時を知る住民が振り返る。

「あの日は大雨が一晩続きました。
ゴルフ場やバッティングセンターが建つ崖の上から
土砂がなだれ落ちたんです。
住宅に流れ込んで3人が亡くなりました」

その後、事故発生現場の崖下は造成されて、
住宅地になったとその住民は話す。

新しく引っ越してきた人たちは、
大きな崖崩れがあったことを知っているのだろうか。



ここまで災害に関係する数々の地名をあげてきた。
だがこれらは、ごく一部にすぎない。
前出の楠原氏はこう語る。


「地名には必ず、そこで暮らす人の生活の上で
不可欠な意味があります。だからこそ、長い間、
災害と接してきた日本には『あぶない地名』があるのです。

せめて自分の住む所、あるいはこれから住もうとしている
土地の名前がどんな意味で、どういった場所なのかを
知っておいて損はありません」


自分の住む土地の由来や成り立ちを、
少しだけ振り返ってみることが、
家族の命を救うことになるかもしれない。


*表の参考資料:
『地名用語語源辞典』(楠原佑介・溝手理太郎編)、
『地名は警告する』(谷川健一編)、
『地名は災害を警告する』(遠藤宏之著)、
『この地名が危ない』(楠原佑介著)、
『あぶない地名』(小川豊著)

「週刊現代」2015年8月29日号より















橋下徹氏が明かした治水行政に驚きの声 「あえて上流で氾濫させる」

放送では、今回の引用記事以外にも、
奈良と大阪の県境では狭窄部があり、
あえて(川幅を)拡げず、

また、

瀬田川や桂川を氾濫させることで、
淀川・下流域である大阪を守るとも。

ちなみに、放送では触れられていないが、
琵琶湖へは119本の一級河川が流れ込み、
一方で、出て行くのは、瀬田川だけ。

(昔の瀬田川の川幅は狭く、土砂が川底に溜まり易く、
 明治時代以降も、何度も琵琶湖周辺では大洪水が)


尚、瀬田川は、京都府に入るあたりで

宇治川へと名前を変え、
さらに京都府と大阪府の境界付近、
大山崎町で桂川・木津川と合流して淀川となって、
大阪湾へと注ぎ込んでいます。

 

===========
2019年10月13日放送
『Mr.サンデー』(フジテレビ系)では、台風について言及。
爆笑問題・太田光、橋下徹氏らが対策や現状について
熱弁するなどし、驚きの事実も明かした。

◼太田「前提の街づくりが必要」

13日午後5時の時点で21の河川で24の堤防が決壊、
70以上の河川で氾濫が起きるなど、悪夢のような爪痕を残した台風19号。

最大の被害地とされる長野県千曲川近辺や福島県いわき市など、
濁流に飲み込まれた街の様子も報じられている。

一連の被害に対し、太田は


「都市部は地下に貯水を作っている。

一方で地方はそういう手がくわえられない、
それを解決することを考えないといけない。
毎年(大型の台風が)来るって前提での街づくりが必要」と主張した。



◼橋本氏が明かす治水行政

橋本氏は「千曲川のことはわからないが」と前置きした上で、
「治水行政はかなりシビアにやっている」と口を開く。

「都市化されている下流地域に被害が出ないように、

上流部であえて氾濫させる」と明かし、

大阪を例に
「淀川が氾濫しないように琵琶湖で止め氾濫させる、

いざというときは奈良県側で氾濫させる」と解説した。

これに「逆に言うと『ここ氾濫させてもいい』

って場所に住んでいる人にとってはとんでもない話」
と宮根誠司が驚くと、

橋本氏は「情報開示が必要。緊急放流っていうのがそう」と続ける。


災害スペシャリストの中央大学研究開発機構教授は

「現在の社会では基本的に平等」と上流下流に差はないとしながらも、
被害に差が出ている現状を受け「情報開示が必要」との意見には賛同を示した。


◼橋本氏の発言に衝撃

橋本氏の発言には視聴者も衝撃を受けている。
「橋本さんの言ってたことが割と衝撃的で日本の闇やなと思ってしまった」
「これが本当だとしたらツライ」
「橋下さんの斬り込んだコメントに愕然とした」と知られざる事実に驚きの声が殺到。
「上流部の奴らが犠牲になるように作られてるとか誰が納得できるん?」と、
治水行政のあり方に疑問を持つ視聴者も多かった。

◼未だ深刻な状況
明けて14日も、台風の深刻な爪痕は残されている。
橋本氏の明かした治水行政が真実ならば、多くの人が怒りを覚えるだろう。
一刻も早い復旧と共に、二度と同様の被害が出ないような対策を講じて欲しいと願うばかりだ。

<<出典元>>https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1014/srb_191014_0742450540.html

『虹のひかり&サロンオアシス』  宇宙のターニングポイントへ☆ 真の豊かさスペシャルセミナー

大いなる流れ、時間軸の中で
会のお知らせをさせて頂きます

自分の人生を振り返って、
今から思えば、あれが、

「人生のターニングポイントだった!」

そんな分岐点が誰にでも幾つかありますが、

その『人生のターニングポイント』を
生み出した“きっかけ”や“合図”だと
自信をもって云えるものがありますか?



私には、明確にあります!

虹のひかり光星さんより
「自分のミッションが開花したきっかけ」

だと勧められ、初めて取り組んだところ、
本当に自分の人生が大きく動き始めた
そんな記憶が、私には明確にあるのです♪

しかも、今から思えば、
そのタイミングすら、完璧なものでした☆



2020年を予兆するこの特別な時に
皆様にお届けする今回の会は、
まさしく、それがテーマとなります

視えない世界・見える世界
両極の世界を通して、個の豊かさへ
全体の豊かさへと繋がることをテーマに
会をする運びとなりました

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
東京会場は、7ヶ月ぶりとなる
虹のひかり光星さんも参加の講座♪

“サロンオアシス & 虹のひかり”がお届けする!
☆★☆ 数百年に一度の大変革2020年へ ☆★☆
『 宇宙のターニングポイントへ☆真の豊かさスペシャルセミナー 』

・10月20日(日)13時45分~16時15分 (大阪)
 ~大阪ならでは、豊さ・金運にパワフル寅の日~

・10月27日(日)13時45分~16時15分 (東京)
 ~秋の土用&一粒万倍日~ <翌日は蠍座新月>


<1>
数百年に一度の宇宙的大変革2020年へ
お宝タイム☆2019年10月
あなた自身の真の豊かさに取り組みます!

<2>
真の豊かさの種まきに最高の講座スタイル♪
“会場でしか味わえないスペシャル”

<3>
真の豊かさを受け取る為に
お勧めエッセンス、スプレー、オイルを、
会場ならではの特別価格にて☆

<4>
10月より消費増税ですが、
豊かさの集いなので、
今回は、価格を据え置きました!

<5>
この日のテーマに合致した
スペシャルエッセンスを1本プレゼント☆

<6>
数ケ月待ちリクエストを頂戴していた
“界面活性剤を使用していない乳液”
会場にて、予約販売させて頂きます!

『ご予約締切: 10月12日(土)』


★ご欠席扱いの皆様は、ギフトエッセンスを、

 セミナー重要サマリー共に送料無料にて!
 また、乳液も承らせて頂きます♪


<7> 
他にも、当日までのシークレットが♪



☆大阪には、光星さんはご参加になれませんが、
 同テーマを、特別クラスで開催させて頂きます♪

大阪は、ルーツ☆ナビゲイター形式にて♪
お一人お一人の星と合図を詳しくヨミトキ、
取り組みますので、お分かりになる方は、
「生まれ時間」もお知らせください”

 “エッセンス等の特別価格販売”
 “乳液予約販売”も執り行いますので
 是非お楽しみになさっていて下さい!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



宇宙レベルで、数百年に一度の大変革まで伴う
2020年は、ずっと後から振り返った時、

あの年が、大きな分岐点だった・・・
あの時、別の選択をしていれば・・・
あの頃から社会変化が加速した・・・


そんなタイミングになりそうですが、

どんな合図やメッセージを受け取っても、

多くの場合、我々は、目の前で起こるまで、
「まさか自分には?」と思いがちです。



正直、2020年の大変化を想うと、
不安な気もしますが、
でも、それなしには、進化もありません。

例えば、江戸時代の様に
封建的で閉鎖的な世界へタイムスリップしたら、
特に女性は、自分自身の生き甲斐を感じることは、
多くの場合、難しいのではないでしょうか?

だから、
人も会社も社会全体も、

大きな変化が見込まれる2020年へ向けて、
お宝タイムを大切に過ごすことが大切なのです。



『10月~12月は、
 2020年へのお宝タイム!』

その間に起こる現象&合図は、
良くも悪くも、2020年に拡大します。

<この3ヶ月に体調を崩すと、来年は要注意!
 嬉しいことがあると、来年は喜びが急拡大>


だからこそ、
虹のひかり光星さんと私が、
既に何度も取り組み(先月から今月へも)、

見える&視えない世界からの嬉しいギフトを
幾度となく授かって来たお勧めを、

会場ならでは、皆様とのジョイントスタイルで、
2019年10月、お届けするのです☆



四季に恵まれる日本では、
種を蒔く、育てる、刈り取る、土地を休ませる、
全てに最適なタイミングがありますが

我々の真の豊かさの種を蒔くなら、
それは、お宝タイムの今です!!!

ワクワク楽しみながら、一緒に取り組みましょう☆


  (ご参考)

『お宝タイム! ~2020年は数百年に一度の大変容~』
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-c0f819.html

 


東京会場は、7ヶ月ぶりとなる

虹のひかり光星さんも参加の講座♪

“サロンオアシス & 虹のひかり”がお届けする!
☆★☆ 数百年に一度の大変革2020年へ ☆★☆
『 宇宙のターニングポイントへ☆真の豊かさスペシャルセミナー 』


この日のテーマに合致した

スペシャルエッセンスを1本プレゼント☆

<ご欠席扱いの皆様は、ギフトエッセンスを、
 セミナー重要サマリー共に送料無料にて!
 また、乳液も承らせて頂きます>


・10月20日(日)13時45分~16時15分 (大阪)
◇ドーンセンター セミナー室(5F)
http://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html
大阪市中央区大手前1丁目3番49号 / TEL 06-6910-8500
京阪電鉄・地下鉄谷町線 天満橋駅下車徒歩3分


・10月27日(日)13時45分~16時15分 (東京)

◇ソフィアホール(4F)
http://sophia-harmony.co.jp/#access
世田谷区奥沢5-41-12ソフィアビル 
東急東横線・大井町線 自由が丘駅より徒歩3分


<ご参加費用> 事前振込15,000円(当日1万6千円)
★当日は、お席がある場合に限らせて頂きます。


<お申込み方法> お陰様で、満席です!
・下記「お申込みフォーム」にご記入頂き、
 件名を、『東京』又は『大阪』とご記載頂き、
 sakura14dai@docomo.ne.jp へ お申し込みください。
・返信メールにて、詳細をお知らせいたします。


********< お申し込みフォーム >********
(1)お名前:
(2)フリガナ:
(3)振込名義が異なる場合、振込者名:
(4)電話番号:
(5)E-mail アドレス:
(6)あなたの星座:
(7)生年月日・お生まれの都道府県(任意です):
(8)大阪会場は、分かる方は、生まれ時間も♪

(9)限定生産☆乳液(4,070円):   本 完売です!
 ~ご予約締切: 10月12日(土)~


<<ご欠席で受け取られる場合は、送付先住所>>
郵便番号:
住所: 
****************************


<サロン・オアシス イベント情報>
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/

お宝タイム! ~2020年は数百年に一度の大変容~

「2020年は、
 今まで変わらないと思っていたものが、
 大きく変化する時です」

(詳しくは、10月8日の記事をご覧ください)
https://www.facebook.com/groups/616033522167712/



我々の人生には、
大きな分岐点が幾つかあります。

人によって数年のずれが生じますが、
30歳前後には、将来の自分への希望や不安、
物質的及び精神的な真の自立について、

50~60歳(人によって年数のずれが大きい)
前後には、今までの積み重ねを踏まえた結果、
時には、今までとは違う運命軸になったり。



2020年は、ずっと後から振り返った時、

あの年が、大きな分岐点だった・・・
あの時、別の選択をしていれば・・・
あの頃から社会変化が加速した・・・

このままでは、
そんなタイミングになりそうです。

セミナーで詳しくお伝えしますが、
実は、2020年は数百年に一度の
大変容まで伴っているのです。

まるで
ランス革命の時の様な!


虹のひかり光星さんは、2010年、
魔法学校中級編、最終クラスで、
翌年へのメッセージを、

『光星さんの言葉☆ 311へ☆』
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/20102017-4579.html


ルーツ☆ナビゲイター講座では、
2018年5月~7月に掛け、

「九州地方の度重なる災害の根幹」
「関西・東海地方への台風の裏側」
「関東地方へは台風が来ない合図」

について、しつこく何度も何度もお伝えし、

『その地域でのお役を果たす為に、
 そこに住み続けたり、緊急事態前には、
 そこへと移り住む方々いる』とも。
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/7-f706.html



残念ながら、我々は、
どんな合図やメッセージを受け取っても、
多くの場合、目の前で起こるまでは、
「まさか自分には?」と思いがちです。


正直、2020年の大変化を想うと、
不安な気もしますが、
でも、それなしには、進化もありません。

例えば、江戸時代の様に
封建的で閉鎖的な世界へタイムスリップしたら、
特に女性は、自分自身の生き甲斐を感じることは、
多くの場合、難しいのではないでしょうか?

だから、
人も会社も社会全体も、

大きな変化が見込まれる2020年へ向けて、
お宝タイムを大切に過ごすことが大切なのです


『10月~12月は、
 2020年へのお宝タイム!』
(早い方は、お盆以降くらいから)

その間に起こる現象&合図は、
良くも悪くも、2020年に拡大します。

<この3ヶ月に体調を崩すと、来年は要注意!
 嬉しいことがあると、来年は喜びが急拡大>


日に日に、プログラム内容が盛り沢山となり、
やっと、正式告知文が完成しました♪



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
東京会場は、7ヶ月ぶりとなる
虹のひかり光星さんも参加の講座♪

“サロンオアシス & 虹のひかり”がお届けする!
☆★☆ 数百年に一度の大変革2020年へ ☆★☆
『 宇宙のターニングポイントへ☆真の豊かさスペシャルセミナー 』

・10月20日(日)13時45分~16時15分 (大阪)
 ~大阪ならでは、豊さ・金運にパワフル寅の日~

・10月27日(日)13時45分~16時15分 (東京)
 ~秋の土用&一粒万倍日~ <翌日は蠍座新月>


<1>
数百年に一度の宇宙的大変革2020年へ
お宝タイム☆2019年10月
あなた自身の真の豊かさに取り組みます!

<2>
真の豊かさの種まきに最高の講座スタイル♪
“会場でしか味わえないスペシャル”

<3>
真の豊かさを受け取る為に
お勧めエッセンス、スプレー、オイルを、
会場ならではの特別価格にて☆

<4>
10月より消費増税ですが、
豊かさの集いなので、
今回は、価格を据え置きました!

<5>
この日のテーマに合致した
スペシャルエッセンスを1本プレゼント☆

<6>
数ケ月待ちリクエストを頂戴していた
“界面活性剤を使用していない乳液”
会場にて、予約販売させて頂きます!

『ご予約締切: 10月12日(土)』

★ご欠席扱いの皆様は、ギフトエッセンスを、
 セミナー重要サマリー共に送料無料にて!
 また、乳液も承らせて頂きます♪


<7> 
他にも、当日までのシークレットが♪


☆大阪には、光星さんはご参加になれませんが、
 同テーマを、特別クラスで開催させて頂きます♪

大阪は、ルーツ☆ナビゲイター形式にて♪
お一人お一人の星と合図を詳しくヨミトキ、
取り組みますので、お分かりになる方は、
「生まれ時間」もお知らせください”

 “エッセンス等の特別価格販売”
 “乳液予約販売”も執り行いますので、
 是非お楽しみになさっていて下さい!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<<詳細及びお申し込みは、こちらより>>
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-e9593d.html

<サロンオアシス イベント情報>
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/

2020年を輝かせるヒント ~ 学んで知ってること VS 正しく実践できること~

飛行訓練シミュレーターで、
上手く操縦できる人から、

「初めて本物の飛行機を操縦するんだけど、
 二人だけで、乗ってみない?!」

もしも、そう誘われたら、
あなたなら、どうしますか?




『学んで知ってること VS 正しく実践できること』

『本で学んだり聞いたりした知識
       VS
 実勢に実践して身に付けた智慧』



ここには、大きな隔たりがあります。

学んで知っているだけで十分なら、

・後悔する発言で言い争いになること
・事故や病気を引き起こすこと
・ダメな男を選ぶこと
・投資で失敗すること
・素晴らしいチャンスを逃すこと
・すれ違いで大切な人を失うこと
・愛する人を傷つけしまうこと
・戦争や人為的大災害すら

起こらないはずです。



ですが、我々は、あの世に行くまで、
その本質を知ることは難しのだそうです。

だからこそ、
ル―ル☆ご先祖様からのメッセージは、
凄いギフトなのです。

大切な子孫に、
悲しい想いをさせない様に、
時に、旅立った自分が後悔している。


だから、
大切なタイミングで、

それを大活用できる方法を用いて、
取り組むことで、時に、
奇跡の様なギフトがもたらされるのです。


一足早く、
特別プログラムに

取り組まれている方々より、
嬉しいお便りが、切り替わりの今、
毎日届いています♪


だから、このタイミングで、
最適なアンケートをアップしました♪

これを自問自答し、コメント欄へ
綴られること自体が、
『2020年開運への鍵』となります☆

たとえ今は、厳しい日々であっても、
それさえ、大きく変容させるのです!

 (こちらより、ご参加ください)
https://www.facebook.com/groups/616033522167712/



大きなエネルギーが蓄積している

冥王星の逆行が10月3日終了し、
10月4日からは流れが徐々にシフトしますので、
この切り替わりのタイミングを、
じっくりと実感し、歩み出して下さい!

いよいよ、10月~12月、
2019年ラスト3か月間は、
山あり谷あり起伏が激しい2020年を
大きく左右する最終準備期間となります☆




   <<2020年を輝かせるヒント>>

10万分の1の幸せ☆ 光って見える奇跡の幸運ギフト!
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12531087842.html

竹内まりや☆ いのちの歌 ~人間存在に対する強い肯定感~
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12530987507.html

天秤座の新月☆ 仕合せが、幸せになる大チャンスの時! 
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12411563004.html

本当にいい男に愛されるには?!
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12529698555.html


<サロンオアシス イベント情報>
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

クリック募金BP