無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

「同期のサクラ」 サクラの夢の軌跡! ~夢が使命に変わる~

「I have a dream」

米国史上最高の演説との呼び声が高い
キング牧師の言葉を彷彿させる

ドラマ『同期のサクラ』での決めセリフ☆

「私には夢があります!」


このサクラの夢も、
仲間と共に成長していました☆


Photo_20191219005401


☆★☆ サクラの夢 ☆★☆

「私には夢があります。
 故郷の島に橋を架けることです」

「私には夢があります。
 一生信じ合える仲間を作ることです」

「私には夢があります。
 その仲間と沢山の人を幸せにする
 建物を作ることです」



 (9話☆ 新たに追加)

「私には夢があります。
 天国で見守ってくれてる
 じいちゃんに…。
 今日もサクラは頑張ってるよって
 毎日 胸を張って報告することです」

「私には夢があります。
 ふるさとに架けたかった橋に
 負けないような橋を
 これから出会う人たちの心に架けることです」



 (第10話☆最終回にて)

「私には夢があります。
 1人でも多くの人が
 私のように
 信じ合える仲間を持つことです」

「私には夢があります。
 毎年 この桜に負けないように
 花を咲かせることです」

「私には夢があります。
 私たちが造った建物を見て
 未来の人たちが
 私たちが生きていたということを
 思い出してくれることです。
 私が いつも素晴らしい建物を見て
 感動するように
 生きる希望や勇気を
 持ってくれることです」



すると最後に、
同期の仲間がこう云います☆

「いや 違う。
 それはもう お前の夢じゃない。
 お前がこの世界で
 やるべき使命だ」

「空気は読まないけど、
人の心は読もうとするサクラが大好きだよ!」



サクラの夢、
はじめは、自分で成すことでしたが

それが、誰かの心へ成すことに変わり、

最後には、そんな誰かが、
自ら成せるようになるのを願うことへ!



出会いから11年、
共に絆を育み、

いつの間にか夢が使命となり、
同期の仲間の心にも、
大輪の花を咲いていました☆


数百年に一度の大変革期とも云われる
2020年への神様からのメッセージです!


Photo_20191219124601

  <<ご参考>>

「同期のサクラ(最終回)」&
「グランメゾン東京」 
~2020年への重要ポイント~
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12560342225.html

「同期のサクラ(最終回)」 もうお前の夢じゃない、使命だ!

「新しいプロジェクトの
 リーダーになったので
 やることがいっぱいあって
 あまり時間を無駄にしたく
 ないんです」


「何? 私たちといると
 時間の無駄ってわけ?」


「そんなことは言っていませんが
 葵君はともかく
 3人はもう会社を辞めたので
 内政干渉のようなことを
 おっしゃるのは
 いかがなものかと思いました」


「サクラ あんた変わったね。
 醜いアヒルの子が 白鳥になった途端
 冷たくなった感じ。
 あんた リーダーになったら
 そんな人間になっちゃうの?
 もしかしたら
 あんたが一番 権力を持っちゃ
 いけないタイプだったりして」


「私は今こそ 自分が変わるべき時
   だと思っています。
 今までの自分ではダメだと
 思っています。

 副社長がおっしゃるように
 もっと力をつけたいと
 思っています。

  そのためには もっと努力して
  視野を広げ、成長しなくては
 いけないと思っています。

 私は今まで 散々つらい思いを
 して来ました。

 ふるさとの橋は自分のせいで
 架からなくなりました。

 いつも勇気の出る言葉で
 励ましてくれた じいちゃんは
 天国に行ってしまいました。

 今度こそ 自分のやりたいことが
 できそうなのに どうして
 応援してくれないんですか?」

 

===========
「いいのか?
 この業界で 二度と働けないように
 することもできるんだぞ」


「働いてみせます。
 社長よりも 力を持って。

 これは 私が考えた
 未来に残したい建物の
 アイデアです」


「どれも素晴らしいじゃないか」


「それが私の力です」


「やっぱりお前には才能がある」


「誤解しないでください。
 私1人では
 何もできませんでした。

 それは全部 私が同期の仲間に
 電話やメールで相談しまくり
 アドバイスをもらいまくったからこそ
 完成したものです。

 私の力は
 仲間です。

 優秀な仲間さえいれば
 素晴らしい仕事ができます。
 どんなにつらくても
 自分は決して1人じゃないと
 勇気が出ます。

 それが私の力です。

 社長には
 そんな仲間がいますか?」


「私は自分を見失ってたんだてぇ。
 社長に力を持てと言われたっけ
 楽な道を
 行こうとしてたんだわんね。

 我々は 必ず月に行く。
 簡単だからではない。
 困難だからだ。

 ケネディ大統領の言葉です。
 大好きで… 私。

 これからは どんなにつらくても
 踏ん張って
 困難な道を行きます。

 ここにいる同期たちに負けない
 ような仲間をどんどんつくれば
 きっと乗り越えられるから」


Photo_20191219005401

===========
「私には夢があります!
 孤独や不安に
 苦しんでる人たちに
 あなたは決して1人じゃ ない
 応援してくれる人が
 必ず そばにいると
 伝え続けることです」


「私には夢があります。
 これから社会に羽ばたく
 女性たちが
 子育てや生活の不安もなく
 生き生きと自由に働ける
 社会をつくることです」


「私には夢があります。
 自分を貫こうとして 過酷な状況で
 働いている人たちを
 1人でも多く幸せにする
 本物のリーダーになることです」


「私には夢があります。
 1人でも多くの人が夢を持ち
 そのことを恥ずかしがらずに
 声に出せば
 自分も
 奇跡を起こすことができると
 知ってもらうことです」



「私には夢があります。
 1人でも多くの人が
 私のように
 信じ合える仲間を持つことです。

 私には夢があります。
 毎年 この桜に負けないように
 花を咲かせることです。

 私には夢があります。
 私たちが造った建物を見て
 未来の人たちが
 私たちが生きていたということを
 思い出してくれることです。

 私が いつも素晴らしい建物を見て
 感動するように
 生きる希望や勇気を
 持ってくれることです」


「いや 違う。
 それはもう お前の夢じゃない。
 お前がこの世界で
 やるべき使命だ」



「空気は読まないけど、
   人の心は読もうとするサクラが大好きだよ!」



  <<ご参考>>
『同期のサクラ☆ 
 じいちゃんのFAX☆ 
 I Have a Dream(私には夢がある)
 キング牧師』
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-469f5c.html


ドラマ『同期のサクラ』では、
自分に正直に生きるサクラの姿と言葉に、
同期や周りの人々が救われ
共に成長している☆

『今、一番応援すべきなのは、
 あなた自身ではないでしょうか』
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12536909672.html


そんなサクラが迷う時は、いつも
じいちゃんの言葉に支えられて来た!

「自分にしか出来ない事がある」(第1話)

「大人になるとは
   自分の弱さを認めること」(第2話)

「本気で叱ってくれるのが
   本当の友だ」(第3話)

「辛い時こそ、
   自分の長所を見失うな」(第4話)

「勝ちより価値だ」(第5話)

「人生で一番辛いのは
   自分にウソをつくことだ」(第6話)

「桜は決して枯れない 
   たとえ散っても
 必ず咲いてたくさんの人を幸せにする」(第7話)


『自分を貫いて生きる人間の宿命なのかな』
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12547301240.html

 

===========
第8話で、そんなサクラが、
自分自身の信念に、
夢に自信をなくしてしまった。

「今まで自分がやって来たことが
 全部 無駄なような
 気がするんです。
 これから どれだけ頑張っても
 もう意味がないような
 気がするんです。

 そう思うと
 どうしても気力が湧かなくて。
 焦れば焦るほど 体も
 言うことを聞いてくれないし。

   せめて じいちゃんからの
 FAXが来ないかなって
 思うんですけど…。

 じいちゃんが死ぬ前
 FAXを送ってくれたんです。

 <桜は 決して枯れない。
  たとえ散っても 必ず咲いて
    たくさんの人を幸せにする>

 でも
 そんな人間じゃないんです 私。
 皆さんに会うのも つらいんです。

 『お前ならできるよ』
 『頑張れ』って 言われるたびに
 苦しいんです。

 だから…。
 もう私なんか
 仲間なんて思わないでください」


「私ね 子供を産もうとして
 意識が朦朧としてる間
 いろいろなことを考えた。
 いろいろなことを思い出した。

 でも 一番覚えてるのは
 サクラのおじいちゃんに
 『サクラのことをよろしく頼む』
 って言われたこと。

 あんなに頭下げて頼まれたのに
 このまま サクラのこと
 諦めていいのかな 私たち」


「サクラ
 今から先生に会って来るね。
 専門の病院に移せって
 言われたけど
 みんな お前が目覚めるって
 信じてるから。
 
 俺たちは いつまでも待ってる。
 お前と また 一緒に働ける日を。
 だから どんなにつらくても
 諦めない。

 サクラのいない世界なんかに
 生きていたくないから。
 じゃあ…。
 また明日」
===========


自分に正直に生きるサクラの姿と言葉に、
救われ、成長した同期が、今度は、
次のFAXで、サクラを救った☆


「俺たちはずっと待っている
 お前とまた一緒に働ける日を
 だから諦めない
 サクラのいない世界に生きていたくない
 じゃあまた明日」(第8話 同期より)


☆★☆サクラの夢☆★☆

「私には夢があります。
 故郷の島に橋を架けることです」

「私には夢があります。
 一生信じ合える仲間を作ることです」

「私には夢があります。
 その仲間と沢山の人を幸せにする
 建物を作ることです」


 (9話☆ 新たに追加)

「私には夢があります。
 天国で見守ってくれてる
 じいちゃんに…。
 今日もサクラは頑張ってるよって
 毎日 胸を張って報告することです」

「私には夢があります。
 ふるさとに架けたかった橋に
 負けないような橋を
 これから出会う人たちの心に架けることです」



<<ご参考:キング牧師のスピーチ>>

キング牧師
「I Have a Dream(私には夢がある)」
https://iyashitour.com/archives/28240/3

1963年8月28日
職と自由を求めるワシントン大行進において、
キング牧師がリンカーン記念館で
人種平等と差別の終焉を呼びかけた演説。
公民権運動に大きな影響を与えた。
米国における最高の演説であるとされている。

- 演説の一部 -
Let us not wallow in the valley of despair, I say to you today, my friends - so even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream. It is a dream deeply rooted in the American dream.
絶望の谷間でもがくことをやめよう。友よ、今日私は皆さんに言っておきたい。われ
われは今日も明日も困難に直面するが、それでも私には夢がある。それは、アメリカ
の夢に深く根ざした夢である。

I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed: “We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal.”
私には夢がある、それは、いつの日か、この国の国民が立ち上がり、「われわれは、
すべての人間は平等に造られいることを自明の真理とみなす」というこの国の信条を
真の意味で実現させるという夢である。※

I have a dream that one day on the red hills of Georgia, the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.
私には夢がある。それは、いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の
息子たちとかつての奴隷所有者の息子たちが、兄弟として同じテーブルにつくという
夢である。

I have a dream that one day even the state of Mississippi, a state sweltering with the heat of injustice, sweltering with the heat of oppression, will be transformed into an oasis of freedom and justice.
私には夢がある。それは、いつの日か、不正と抑圧の炎熱で焼けつかんばかりのミシ
シッピ州でさえ、自由と正義のオアシスに変身するという夢である。

I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.
私には夢がある。それは、いつの日か、私の4人の幼い子どもたちが、肌の色によっ
てではなく、人格そのものによって評価される国に住むという夢である。

I have a dream today!
今日、私には夢がある。

I have a dream that one day, down in Alabama, with its vicious racists, with its governor having his lips dripping with the words of “interposition”
and “nullification” - one day right there in Alabama little black boys and black girls will be able to join hands with little white boys and white girls as sisters and brothers.
私には夢がある。それは、邪悪な人種差別主義者たちのいる、州権優位や連邦法実施
拒否を主張する州知事のいるアラバマ州でさえも、いつの日か、そのアラバマでさ
え、黒人の少年少女が白人の少年少女と兄弟姉妹として手をつなげるようになるとい
う夢である。

I have a dream today!
今日、私には夢がある。

I have a dream that one day every valley shall be exalted, and every hill and mountain shall be made low, the rough places will be made plain, and the crooked places will be made straight, and the glory of the Lord shall be revealed and all flesh shall see it together.
私には夢がある。それは、いつの日か、あらゆる谷が高められ、あらゆる丘と山は低
められ、でこぼこした所は平らにならされ、曲がった道がまっすぐにされ、そして神
の栄光が啓示され、生きとし生けるものがその栄光を共に見ることになるという夢で
ある。

This is our hope, and this is the faith that I go back to the South with.
これがわれわれの希望である。この信念を抱いて、私は南部へ戻って行く。

「神社で柏手を打ってはいけない」納得の理由

神社で参拝をするときには、「二礼二拍手一礼」が正しい作法だと言われている。しかし宗教学者の島田裕巳氏は「平成になってから浸透した作法だ。祈るプロセスがなく、参拝する方法として好ましいものか疑問を感じる」と指摘する――。
※本稿は、島田裕巳『神社で拍手を打つな!』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。
神社で参拝をするときには、
「二礼二拍手一礼」が正しい作法だと言われている。

しかし宗教学者の島田裕巳氏は
「平成になってから浸透した作法だ。
 祈るプロセスがなく、参拝する方法として
 好ましいものか疑問を感じる」と指摘する――。

※本稿は、島田裕巳『神社で拍手を打つな!』
(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。


若い頃、「二礼二拍手一礼」はなかった

神社に参拝に行く人たちは少なくない。
正月の初詣となると、毎年必ず特定の神社に
参拝することをしきたりとしている人もいる。

神社に赴いたときには、
拝殿の前まで進み、そこで参拝を行う。


今、多くの人たちは、そのとき、

「二礼二拍手一礼」という作法に則(のっと)って、
参拝している。二回礼をしてから、
柏手(かしわで)を二度打ち、最後に一礼する。
その前に軽くお辞儀をし、引き下がるときにも
同じようにすることもある。


神社のなかには、賽銭(さい せん)箱のあるあたりに、
このやり方について絵入りで解説しているようなところもある。

これが神社に参拝するときの、正式なやり方である。
今では、大半の人たちがそう考えている。

ところが、その一方で、
この参拝の仕方はどうも馴染(な じ)めない。
そう感じている人たちもいるはずだ。

少し年齢が上の世代になれば、自分が若い頃は、
そんな参拝の仕方はしていなかったと、
昔を思い出している人たちもいるのではないだろうか。

実際、二礼二拍手一礼という参拝の作法が広まったのは、
それほど昔からのことではない。

いつから広まったのかについては、
はっきりしたことは分からないが、
浸透したのは平成の時代になってからで、
昭和の時代には、まだそれほど
広まってはいなかったのではないだろうか。


昔は「合掌」して参拝していた

では、二礼二拍手一礼ではないとしたら、
以前どのような参拝の作法が行われていたのだろうか。

基本的には、
両掌を顔や胸の前で合わせて拝む「合掌」である。

今でも、二礼二拍手一礼ではなく
合掌して参拝するという人もいる。

あるいは、二礼二拍手の後に、合掌する人たちもいる。

二礼二拍手一礼だと、手順が定まっていて、
それに従っていると、それだけで終わってしまう。

神に祈るというとき、こころのなかで祈る間が、
この作法には含まれていない。

二礼二拍手一礼では物足らない。
そうした感覚を抱く人は多いだろう。


昔の人たちがどのように参拝したのか。
こうしたことはなかなか記録に残っていないので、
確かめることが難しい。

それでも一つ例をあげるとすれば、
戦時中に作られた映画にそれを見ることができる。

その映画とは、世界的に評価が高い黒澤明監督が、
1943年、つまりは戦時中に撮影したデビュー作、
『姿三四郎』である。


『姿三四郎』は、
富田常雄の長編小説『姿三四郎』を原作としている。

主人公の姿三四郎は、
恐ろしく強い柔道家という設定になっていて、
モデルは実在した柔道家、西郷四郎だった。




こころを込めた祈りの姿は美しい

西郷は、嘉納治五郎(かのうじごろう)が
創設した講道館の四天王の一人である。

映画のなかで、
嘉納治五郎は矢野正五郎として登場し、
精神的に未熟な三四郎を鍛え上げていく。

三四郎は、村井半助という、
他の流派の年配の柔道家と対戦することになる。

ところが、その試合を前に近くの神社を通りかかったとき、
半助の娘が、神社の拝殿の前で
一心に祈りを捧げている姿を目撃する。

このことが、三四郎のこころを乱すことにつながるのだが、
轟(とどろき)夕起子演じる娘は、着物姿で、下駄を履き、
からだをその上に沈め、目をつぶりながら手を合わせ、
懸命に祈っていた。

物語の舞台は明治時代に設定されているが、
明治から映画が撮影された昭和の初期まで、
神社に参拝するときには、合掌したことがそこからうかがえる。

より丁寧に祈ろうとすれば、
自然と腰をかがめることになったはずだ。

映画を見ていただければ、
たちどころに理解されると思うが、
この娘の祈りの姿は美しい。

美しいのは、所作を意識してのことではなく、
祈りにこころを込めたからだ。

なんとか父親に勝って欲しい。
その強い思いが、娘の祈る姿に表れている。



かつて、神社と寺は密接な関係を持っていた

合掌が、神社で祈るときの基本的な作法だった
ということについては、はっきりとした理由がある。

その理由について見ていく際に、
忘れてはならないのは、明治時代以前、
つまりは、日本が近代社会に入る前には、
日本人の宗教世界において「神仏習合」が
基本的なあり方だったということである。

明治に入る際、明治政府のなかには、
神道を国家の基本に据えようとする
国学者や神道家が含まれていた。

彼らは、外来の宗教である仏教を嫌い、
神道を仏教の影響下から引き離そうとした。

具体的には、
明治元年に太政官(だじょうかん)布告という形で、
「神仏判然令」が出された。

神仏判然令はいくつかの布告からなるもので、
これによって「神仏分離」が推し進められた。

神仏分離とは、
神道と仏教、神社と寺院を引き離す試みである。

これによって、神社に奉仕していた僧侶は
還俗(げんぞく)しなければならなくなり、
仏像を神体とすることも禁じられた。

その結果、
神社の境内にあった仏教の寺院は破壊された。

神仏分離は、
仏教を排斥する「廃仏毀釈」に発展したのである。


ちなみに中国では、
歴史上幾度となく廃仏が行われた。

朝鮮半島でも、儒教を重視する李氏朝鮮の時代には、
仏教は圧迫された。


日本では、仏教が伝えられてから、
大々的に廃仏が行われたことはなかったが、
明治に入る際の神仏分離は、
日本における宗教のあり方を大きく変えたのである。

近代以前の神仏習合の時代には、
神道と仏教、神社と寺院とは密接な関係を持っていた。




本来は「玉串を捧げる」ときにするもの

社前での参拝の際に、
二礼二拍手一礼を行うという作法が、
いったいいつから奨励されるようになったのか、
それは分からない。

ただ、私が大人になるまで、
そうした作法は広まっていなかったように思われる。



現在では、多くの神社で、
二礼二拍手一礼を奨励する掲示がなされ、
参拝者もそれに従っている。

とくに、若い人たちは、率先してそれに従っている。
彼らが神社に参拝するようになった時点では、
すでに多くの神社でそうした掲示がなされていたのだろう。


だが、私を含め、年齢が上の人間になると、
二礼二拍手一礼にはどこか違和感があり、
このしきたりに従わないということも多いのではないだろうか。


なぜ違和感を持つのだろうか。
それは、二礼二拍手一礼が、もともと神職の作法であり、
しかも、それを行う前に玉串を捧げる行為が
実践されるべきものだからである。

本来、二礼二拍手一礼は、単独で行うものではない。
玉串奉奠(ほう てん)に伴う作法なのである。



賽銭を投げても「神と向き合う」気持ちにはなれない

一般の人間でも、神社で「正式参拝」を行うときには、
玉串を捧げる。榊(さかき)を神前に供えるのだ。

二礼二拍手一礼は、その後に行われる。

これが示しているように、
玉串を捧げることと二礼二拍手一礼はセットになっている。

実際、これをやってみると、
作法に流れがあり、違和感を持つことはなくなる。

ただ、社殿の前で参拝をするというときには、
いきなり二礼二拍手一礼を行う形になる。

その前に、
賽銭箱に賽銭を投げ入れるという行為があり、
それが玉串を捧げることの代わりと言えなくもないが、
玉串と賽銭では意味が違う。

玉串を捧げるときには、供える前に祈念する。

この行為があることで、
神に相対しているという感覚が生まれる。

それが、賽銭を投げ入れるという行為には欠けているのだ。


社殿の前で、ただ二礼二拍手一礼をするというときには、
祈念するという部分がない。

そのため、参拝者のなかには、
二拍手をした後にそのまま合掌し、
祈念する人たちがいる。

そうしないと祈念しないまま参拝が終わってしまうからだ。


祈念する箇所を含まない二礼二拍手一礼は、
神社に参拝する作法として果たして好ましいものなのだろうか。
私は、そこに強い疑問を感じる。



神社本庁が権威を示したいのではないか

二礼二拍手一礼の作法を推奨している神社、
あるいは神社本庁の側は、
その作法に祈念する行為が欠けていることについて、
十分に検討してきたのだろうか。

ただ、正しい作法というものを指導することによって、
自分たちの権威を示そうとしてきただけなのではないだろうか。



東京都神社庁のホームページで、わざわざ
「お参りする際の作法には厳格なきまりはありません」
と述べられているのも、実は、
神社庁の方針に対して密(ひそ)かに抵抗しているから
ではないだろうか。

昔から神社にかかわってきた人間なら、
たとえ神職でも、祈念が欠けている作法に
釈然としないものを感じるはずだ。

そもそも、神社に参拝するということは、
それほど堅苦しいことなのだろうか。
もっと自由でいいのではないだろうか。

若い人も、二礼二拍手一礼にこだわるのではなく、
社前で合掌するというやり方をとってみたらどうだろうか。

思いを込めるには、その方がずっと好ましいはずだ。

二礼二拍手一礼では、
どうしてもこころを込めて神と相対することにはならない。
神社で拍手を打ってはならないのだ。


---------- 島田 裕巳(しまだ・ひろみ) 宗教学者 1953年東京都生まれ。宗教学者、作家。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。自身の評論活動から一時「オウムシンパ」との批判を受け、以後、オウム事件の解明に取り組んできた。2001年に『オウム なぜ宗教はテロリズムを生んだのか』を刊行し話題に。『戒名』『個室』『創価学会』『神社崩壊』『0葬』など著書多数。 ----------

<<出典元>>https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%ef%bd%a2神社で柏手を打ってはいけない%ef%bd%a3納得の理由/ar-AAK9vak?ocid=spartanntp


大助花子ご夫妻☆ ~結婚するときにどんな人と一緒になるかやなくて、最期を誰と迎えるか~

2019年6月から休演が続いていた
夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子が、
12月11日、大阪市内で会見を開き、

妻の宮川花子(65)が血液のがんの一種である
症候性多発性骨髄腫で闘病中であることを告白した。


2018年3月に腰痛を訴え、
奈良県内の病院で検査を受けると骨腫瘍の診断。

余命6カ月の可能性も指摘されていたが、
放射線治療を受け、病状は回復。

その後、今年1月に検査では数値が上がっており、
医師から大阪市内の病院を紹介されたが、
副作用などを恐れ、5カ月間通院しなかった。

そして、6月24日に胸から下が動かなくなり、
即入院。順調に回復し、この日会見を開いた。


花子は
「病院に入ったときから泣いたらあかんと思っていた。
 ここで泣くもんかと。NGK(なんばグランド花月)
 の舞台に立ったときに感謝の涙を流したい」と決意。

復帰、退院のメドは立っていない。


夫の宮川大助(70)は毎日お見舞いに訪れ、看病した。

「嫁はんがこういう病気ですと言われたときは
 辛かったですね。代わってやることもできないしね。
 僕、嫁はんが好きなんでね。
 今回余計好きになりましたね。
 女房に2度目の恋をするというけど、
 大助花子の人生劇場ですね。イッツ・ショータイム」
と涙ながらに話した。


花子も
「結婚するときにどんな人と一緒になるかやなくて、
 最期を誰と迎えるかと今回、本当に思いました。
 夫がいつも来てくれて、結婚してくれて、
 いつまでも変わらない愛情をくれたことで、
 私はいつお迎えが来ても幸せやなとすごい思いました」
と夫に感謝した。


20191211

==========
花子は1988年に胃がんのため体調を崩し、一時休養。
5年間は入退院を繰り返したが病気を克服して復帰した。

だが、18年3月に今度は腰痛を訴え、自宅近くの病院で
「転移性の骨腫瘍の疑い」と診断。

骨に転移していた場合は“余命半年”の可能性を指摘された。
奈良県立医大病院で精密検査し
「形質細胞腫瘍」と診断を受けた。

幸いにも余命半年ではないことが判明。
骨髄には病気がなく、骨の2カ所に腫瘍が見つかった。
仕事をしながら放射線治療を受け、
症状は経過観察で落ち着いていた。

ところが今年1月、検査で数値の異常が見つかり、
腫瘍が2カ所でなく広範囲に広がっており、
化学療法を勧められ、仕事の都合もあって
大阪市内の病院への転院を希望した。

花子が抗がん剤の副作用などへの不安など、
通院、治療へ踏ん切りがつかず、
その後5カ月間、治療せずに病気を放置してしまった。

下半身が麻痺し、左鎖骨などを骨折。
右の眼球が腫瘍のため飛び出してくる症状、
背中に褥瘡(じょくそう)という
いわゆる“床ずれ”ができるなど、危険な状態になった。

たまらず、6月24日に奈良医大病院の
天野逸人医師(58)に連絡。

「命にかかわるかという状況。深刻だった」
と天野医師は緊急入院までを明かした。

花子は翌25日からのNGKの舞台、
同29、30日の宮川大助・花子ファミリー劇場
「竜宮伝説」(YESTHEATER)を休演した。

同29日のNHK「バラエティー生活笑百科
には車イス姿で出演したが、げっそりした顔。
周囲から心配する声が挙がっていた。


検査では7カ所に腫瘍が見つかったが、
その後、化学療法が劇的に効き、
目の上のコブが消えるなど、全身CT検査の結果

「病気はすべて消えている状況となった。
 いい状態まで回復」と天野医師は説明。

ただ、2週間ほど下半身が動かない状態だったため
「神経が正常に戻るか予測できなかった」。

それでも治療開始から11日目に
奇跡的に左足の指が動きはじめ、
その後は筋力回復などのためにリハビリを続け、
両足を動かせるようにまで戻った。

天野医師は
「上半身は普通。病院でもトークはキレています。
 急激に治療法は進歩している。将来的に舞台の上で、
 大助・花子の漫才を見せてもらえるまで回復してもらいたい」
と笑わせた。

回復のメドが立ち、
「治療を受け、手術を受け、放射線治療を受けて、
 それでも生きているという証明をした。
 皆さんに諦めずに、1日でも命を
 大切に延ばしていけるように」

と花子は同じような病気で苦しむ人たちに
メッセージを送るため、
回復の途中ではあるが会見を開いた
これまでの経緯を説明した。毎日、病室へ見舞いに行った夫の大助(70)も、
07年の軽度の脳出血、さらに
17年には腰部脊柱管狭窄症など入退院を繰り返し、
同9月に舞台復帰した。

献身的な介護をしてくれた夫に対して、
花子は
「結婚する時に、どんな人と一緒になるかやなく、
 最後を誰と迎えるか。それを感じました。
 結婚して40何年間、
 変わらない愛情を注いでくれたことで。
 いつお迎えが来ても幸せやなと思った。
 また、好きになりました」
と感謝を口にし、涙をこらえていた。

大助は
「女房は伴侶。いつまでも元気であってほしい」
と涙ながらに話した。

今後は
「車イスに乗れるようになったら退院する」と花子。

「慌てず、焦らず、諦めず。NGKの舞台に立って、
 感謝の涙を流したい」と語った。


1976年に結婚し、79年にコンビ結成。
花子は88年に胃がんの手術を受け、一時休養している。

大助も2007年に脳出血を患い、
2017年にも腰部脊柱管狭窄
(ようぶせきちゅうかんきょうさく)症の手術を受けていた。

そして、同年、紫綬褒章受章を受章した。



  【ご参考】
「漫才があったから、
人に喜んでもらえる夫婦になれたんやと」
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12556171919.html


故横山やすしさんの薫陶を受け、
常に“芸人とは”という強いプロ意識を持つ花子。

その自分がまだ完全復活には程遠い状態で登場し、
舞台ではないとはいえ、
ベストパフォーマンスではない姿を見せている。

そして、大きな病気の話ゆえ
当然と言えば当然なのだが、
しんみりした空気も作ってしまった。

花子が考える“芸人とは”からかけ離れた場が
生まれてしまったことへの忸怩たる思い。

2017年11月、二人に紫綬褒章が授与された。
受章会見の冒頭、

花子は
「こんなこと、今日、初めて言います。
 …漫才に誘ってくれて、ありがとうございます」
と大助を見つめた。

厳密に言うと

「こんなこと、今日、初めて…」あたりまで
花子が言った段階で、大助が“食い気味”に号泣。

すぐさま花子が
「言う前から泣いて、どうすんねん!!」
というツッコミを入れ、
会見場は大きな笑いに包まれた。

当時で結婚生活41年。
大助には、花子が今から話す内容が瞬時に分かったのだろう。
まさに以心伝心と言うべき瞬間で、とても感慨深い場面だった。

ただ、長く取材をしてきた者としては、また違う感慨もあった。
取材をする中、大助は何度も次のような話をしていた。

「漫才をせず、普通の夫婦でいたら、
 ウチは今まで一回もケンカせずにやってきたと思う。
 ケンカは全部、漫才から。
 僕が誘ったばかりにヨメさんには苦労をかけてきました

漫才を始めたのは結婚3年目。
お笑いへの夢があきらめきれなかった大助が
結婚に続き2回目の猛アタックをして、
花子を妻から相方にもした。
舞台上の姿からは想像もつかないが、
夫婦の主導権を握っているのは完全に大助。

コンビにおける頭脳も、完全に大助。
大助のスパルタ指導で、
夫婦漫才の第一人者になった。

しかし、その道中、
88年には花子が胃がん。
そして、07年には大助が脳出血という大病も患った。

話は前後するが、16年、
結婚40周年記念イベントを
大阪・なんばグランド花月で開催することになり、
そこに向けて拙連載用にインタビューした。

当時の取材メモを見返すと、
そこにはこの上なくストレートな花子の思いが表れていた。


「漫才をしていたからこそ、何回も離婚を考えました。
 漫才をしてなかったら、
 娘にももっと時間をかけてあげられたと思います。
 夫婦それぞれもっと健康にも気遣えたかもしれません。
 
 40周年記念のイベント日、(16年)4月9日になったんです。
 劇場(なんばグランド花月)の都合もあって
 この日になったんですけど“死(4)ぬまで苦(9)しむ”。
 ようできた話ですわ(笑)。

 ただね、40年かけて、
 少しずつ分かってきた気もするんです。
 漫才があったから、
 人に喜んでもらえる夫婦になれたんやと」

 

その言葉からの
「漫才に誘ってくれてありがとう」。
この言葉の重みは、こちらの胸にも深く突き刺さった。

過去、夫婦ともに大きな病気を経験してきただけに、
病気についても、大助は思いを度々語っていた。

「これまで僕が自分で『ようやった!』と思えるのは、
 たった一つです。胃がんはヨメさんに行ったけど、
 脳出血は僕が引き受けることができた。それだけです」

今回の会見、何回か涙を見せつつも、
いつも以上に明るく、コミカルに振る舞っていた大助。

幾度となく会見場には笑いが起こったが、
その度に、この言葉が頭をよぎり、
個人的には何とも言えぬ気持ちにもなった。

二人には誕生日に関するルールがある。
大助の誕生日には、大助の欲しいものではなく、
花子の欲しいものを大助が買う。
花子の喜ぶ姿が、大助にとって何よりのプレゼントなのだという。

大助の誕生日は10月3日。

来年のその頃には、もっと明るく、もっと強い笑顔で、
買い物に出かけている二人がいる。
かたく、そう信じている。

<<出典元>>https://news.yahoo.co.jp/byline/nakanishimasao/20191211-00154564/



  【ご参考】

宮川大助・花子伝説
「上方漫才大賞のとき、松本人志からかけられた言葉」
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12500217657.html

<<出典元>>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000538-sanspo-ent
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000163-spnannex-ent

 

同期のサクラ☆ じいちゃんのFAX☆ I Have a Dream(私には夢がある)キング牧師

ドラマ『同期のサクラ』では、
自分に正直に生きるサクラの姿と言葉に、
同期や周りの人々が救われ
共に成長している☆

『今、一番応援すべきなのは、
 あなた自身ではないでしょうか』
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12536909672.html



そんなサクラが迷う時は、いつも

じいちゃんの言葉に支えられて来た!


「自分にしか出来ない事がある」(第1話)


「大人になるとは

   自分の弱さを認めること」(第2話)

「本気で叱ってくれるのが
   本当の友だ」(第3話)


「辛い時こそ、 

   自分の長所を見失うな」(第4話)


「勝ちより価値だ」(第5話)


「人生で一番辛いのは

   自分にウソをつくことだ」(第6話)


「桜は決して枯れない 

   たとえ散っても
 必ず咲いてたくさんの人を幸せにする」(第7話)



『自分を貫いて生きる人間の宿命なのかな』

https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12547301240.html



Photo_20191212184101

===========

第8話で、そんなサクラが、
自分自身の信念に、
夢に自信をなくしてしまった。


「今まで自分がやって来たことが
 全部 無駄なような
 気がするんです。

 これから どれだけ頑張っても
 もう意味がないような
 気がするんです。

 そう思うと
 どうしても気力が湧かなくて。
 焦れば焦るほど 体も
 言うことを聞いてくれないし。

   せめて じいちゃんからの
 FAXが来ないかなって
 思うんですけど…。

 じいちゃんが死ぬ前
 FAXを送ってくれたんです。

 <桜は 決して枯れない。
   たとえ散っても 必ず咲いて
   たくさんの人を幸せにする>

 でも
 そんな人間じゃないんです 私。
 皆さんに会うのも つらいんです。

 『お前ならできるよ』
 『頑張れ』って 言われるたびに
 苦しいんです。

 だから…。
 もう私なんか
 仲間なんて思わないでください」



「私ね 子供を産もうとして

 意識が朦朧としてる間
 いろいろなことを考えた。
 いろいろなことを思い出した。

 でも 一番覚えてるのは
 サクラのおじいちゃんに
 『サクラのことをよろしく頼む』
 って言われたこと。

 あんなに頭下げて頼まれたのに
 このまま サクラのこと
 諦めていいのかな 私たち」



「サクラ

 今から先生に会って来るね。

 専門の病院に移せって
 言われたけど

 みんな お前が目覚めるって
 信じてるから。

 俺たちは いつまでも待ってる。
 お前と また 一緒に働ける日を。
 だから どんなにつらくても
 諦めない。
 サクラのいない世界なんかに
 生きていたくないから。

 じゃあ…。
 また明日」
===========



自分に正直に生きるサクラの姿と言葉に、

救われ、成長した同期が、今度は、
次のFAXで、サクラを救った☆



「俺たちはずっと待っている

 お前とまた一緒に働ける日を
 だから諦めない
 サクラのいない世界に生きていたくない
 じゃあまた明日」(第8話 同期より)



 ☆★☆サクラの夢☆★☆

「私には夢があります。
 故郷の島に橋を架けることです」

「私には夢があります。
 一生信じ合える仲間を作ることです」

「私には夢があります。
 その仲間と沢山の人を幸せにする
 建物を作ることです」



 (9話で新たに追加)

「私には夢があります。
 
天国で見守ってくれてる
 じいちゃんに…。
 今日もサクラは頑張ってるよって
 毎日 胸を張って報告することです」

「私には夢があります。
 
ふるさとに架けたかった橋に

 負けないような橋を
 これから出会う人たちの心に架けることです」



<<ご参考:キング牧師のスピーチ>>

キング牧師
「I Have a Dream(私には夢がある)」
https://iyashitour.com/archives/28240/3


1963年8月28日

職と自由を求めるワシントン大行進において、
キング牧師がリンカーン記念館で
人種平等と差別の終焉を呼びかけた演説。

公民権運動に大きな影響を与えた。
米国における最高の演説であるとされている。


- 演説の一部 -
Let us not wallow in the valley of despair, I say to you today, my friends - so even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream. It is a dream deeply rooted in the American dream.

絶望の谷間でもがくことをやめよう。友よ、今日私は皆さんに言っておきたい。われ
われは今日も明日も困難に直面するが、それでも私には夢があるそれは、アメリカ
の夢に深く根ざした夢である。


I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed: “We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal.”

私には夢がある、それは、いつの日か、この国の国民が立ち上がり、「われわれは、
すべての人間は平等に造られいることを自明の真理とみなす」というこの国の信条を
真の意味で実現させるという夢である。※


I have a dream that one day on the red hills of Georgia, the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.

私には夢がある。それは、いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の
息子たちとかつての奴隷所有者の息子たちが、兄弟として同じテーブルにつくという
夢である。


I have a dream that one day even the state of Mississippi, a state sweltering with the heat of injustice, sweltering with the heat of oppression, will be transformed into an oasis of freedom and justice.

私には夢がある。それは、いつの日か、不正と抑圧の炎熱で焼けつかんばかりのミシ
シッピ州でさえ、自由と正義のオアシスに変身するという夢である。


I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.

私には夢がある。それは、いつの日か、私の4人の幼い子どもたちが、肌の色によっ
てではなく、人格そのものによって評価される国に住むという夢である。


I have a dream today!
今日、私には夢がある


I have a dream that one day, down in Alabama, with its vicious racists, with its governor having his lips dripping with the words of “interposition”
and “nullification” - one day right there in Alabama little black boys and black girls will be able to join hands with little white boys and white girls as sisters and brothers.

私には夢があ。それは、邪悪な人種差別主義者たちのいる、州権優位や連邦法実施
拒否を主張する州知事のいるアラバマ州でさえも、いつの日か、そのアラバマでさ
え、黒人の少年少女が白人の少年少女と兄弟姉妹として手をつなげるようになるとい
う夢である。


I have a dream today!
今日、私には夢がある


I have a dream that one day every valley shall be exalted, and every hill and mountain shall be made low, the rough places will be made plain, and the crooked places will be made straight, and the glory of the Lord shall be revealed and all flesh shall see it together.

私には夢がある。それは、いつの日か、あらゆる谷が高められ、あらゆる丘と山は低
められ、でこぼこした所は平らにならされ、曲がった道がまっすぐにされ、そして神
の栄光が啓示され、生きとし生けるものがその栄光を共に見ることになるという夢で
ある。


This is our hope, and this is the faith that I go back to the South with.
これがわれわれの希望である。この信念を抱いて、私は南部へ戻って行く。

アナ雪2☆ 天気の子☆ 凪のお暇☆ 同期のサクラ☆ フランシスコ教皇☆ グランメゾン東京☆ 水には記憶がある☆ 虹のひかり光星 

アナと雪の女王2☆ 

この映画には、
2020年への大切なメッセージ!
それが散りばめられています♪

 

Photo_20191208083601
 (入場者へのプレゼント)


映画「天気の子」と同じ様に、
観る人によって、
視える世界は異なり、


Photo_20190809010603

ドラマ「凪のお暇」
ドラマ「同期のサクラ」
「フランシスコ教皇来日」
ドラマ「グランメゾン東京」


Photo_20191201110103

そして、ある映画、
「風の谷のナウシカ」
とも、
深く繋がっています☆

ただ、公開直後なので、
ネタバレしない様に、
関連情報ヒントを添えさせて頂きます♪


Photo_20190909104101

“空気をヨム” ドラマ「凪のお暇」 &
“祈り” 映画「天気の子」
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12511696067.html

同期のサクラ☆ じっちゃんのFAX☆ 
I Have a Dream(私には夢がある)キング牧師
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-469f5c.html

フランシスコ教皇来日! 
アッシジの聖フランチェスコ!
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12547829039.html

「グランメゾン東京」と「チャングム」 
~自分で本物を生み出す&味を描く能力~
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12548689380.html


Photo_20191201110002


更に深い内容としては、
「水には記憶がある」

次の内容の裏側にあるもの♪

お水がもつ情報とエネルギー☆ 
DNAは知っている!
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-11457620061.html


20170926  

そして何より、次の本質だ☆
「正しいことをやる」
「目に見える魔法と目には視えない魔法」

~魔法を使う、それは日々の中にある~
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-3d1b.html

アナ雪2との繋がりに、
心の底からビックリした!!!

グランメゾン東京と超霊能者の共通項!

「同じ卵とバターを使って
 全く同じ調理工程で
 オムレツを作ったとするでしょ?
 でも どういうわけか
 作った人間によって味が変わる」




ドラマ「グランメゾン東京」でのセリフを聞いて、
ある超霊能者の言葉を思い出した!

その方は、レストランもやっているのですが、
料理が、凄く美味いと人気のその店では、

「どうやったら、こんな美味しく作れるの?!
 作り方を教えて!」

と常連さんから、掟破りの質問を受ける度に、
『詳細なレシピと作り方を』を教えてあげるのですが、

その理由は、なんと、

『それを知っても、誰も味を再現できないから☆』

とのことでした♪

 

まさしくそれは、
グランメゾン東京のセリフと同じでした☆

ちなみに、ドラマでは、
次のセリフが続きました♪

「俺が修業してるとき
 日本からやってきた
 生意気な後輩の賄いを食って
 初めて思い知らされたんです

 どんなに頑張っても努力しても
 埋められないものがあるんだって」

それを聴いて、更に深く想いました!


Photo_17

フラワ―エッセンスもそうだと☆


1111111


先日テレビで、昔、何度か行った
超人気店がテレビで取り上げられていた☆

そして数日後は、ミシュランの星を持つ
有名店がテレビで取り上げられていたが、
そこにも、やはり共通項があった♪


それは、やっぱり、掃除の凄さだった!
分野を問わず、万国共通、掃除のチカラだ☆

そして、それとも深く繋がる
グランメゾン東京第3話のセリフはこちら♪
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12542060072.html



  <ご参考>
『あなたの魂のブループリント☆ 料理・乳液・エネルギーワーク♪
 誰も真似できないお役目とは何でしょうか?!』
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-a02f.html

『香りは波動なので 〇〇で買うと、香りが違う! 
 ~宇宙の素粒子エネルギーを受け取るには~』
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-4475.html

『魂のミッションを果たす為に大切な事
~カレンダーが光って見えたんですけど?!~』
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-2653.html

2020年へ☆ 大開運セミナー <あなただけの魔法と祈りを捧げる!>

映画『天気の子』で描かれた“祈り”
映画『アナ雪2』で描かれた“魔法”
『フランシスコ教皇訪日』の“合図”

その活かし方が、問われる時代の到来!


<2020年へ☆ 大開運セミナー>
~あなた自身の重要テーマへ、
 あなただけの魔法と祈りを捧げる~
『2019年テンコ盛り☆ぶっちゃけクラス』
・12月14日(土)大阪☆13時45分~16時15分
・12月22日(日、冬至)東京☆13時45分~16時15分

☆★☆今回もご欠席扱いメールコースもございます☆★☆


数百年に一度の大変換期☆
2020年へ、今回は“テンコ盛り”です!

・あなたが今、本当に叶えたい願い
・あなたの2020年への個人的テーマ
・あなたの2020年への運命軸テーマ
・あなたのお住まいの地域のテーマ
・2020年☆日本&世界のテーマ
・2020年☆全惑星順行への最終準備

・2020年へ向け、スペシャルな
 冬至、クリスマス、歳神様をお迎えする
 年末年始☆いいとこどりサマリー♪



===========
冬に素晴らしい働きをしてくれる
“界面活性剤を使用していない乳液”
セミナーお申込み者“限定”で販売!
『ご予約締切: 12月10日(火)』

『あなたの魂のブループリント☆ 料理・乳液・エネルギーワーク♪
 誰も真似できないお役目とは何でしょうか?!』
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-a02f.html


大阪会場とメールコースの皆様は、

ご郵送となりますが、ご了承願います♪
(東京会場の皆様は、会場渡しです)
===========



死と再生を司る☆冥王星

チャレンジを促す☆土星
幸運と繁栄と正義☆木星

が集結して、宇宙では、
山羊座祭りがスタートしましたが、

2020年は、更に、
数百年に一度の宇宙の大イベントが
始まります☆


社会も国も、勿論、個人レベルでも
それまでの積み重ねによって、
見える世界が異なる☆
パラレルワールドが展開するのです♪


===========
「魔法を使って
 この空に虹かけてって言ったら?」

「それはできないかもしんないけど・・・
 でも、魔法だったら使えるっ!」
===========


そう云ってカンジが、
リカにキスした『東京ラブストーリー』は
私の当時の自宅そばでロケしていた為、
今でも、はっきり覚えていますが、

世界中で虹に遭遇する虹の子☆
虹のひかり光星さんの様には出来なくても、

2020年は、一人一人が、
あなただけの魔法と祈りを駆使する時です!


ただ、
それがパワフルであれば、ある程、

「使用上の注意」と「使用前の準備」
が重要になります♪


世界的な金融のプロのトップも、

『将来になって振り返った時』
『前例のないレベルの不確実性』

2020年へキーワードを挙げる程、
未曾有の時が、そこまで迫っています!

だからこそ、土壇場の今、

~2020年、あなたのテーマへ、
 あなただけの魔法と祈りを捧げる~



===========

  (ご参考)
~魔法を使う、それは日々の中にある~
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-3d1b.html

アナと雪の女王2☆ 2020年への大切なメッセージ!
https://ameblo.jp/sakura-ke/entry-12549358634.html

『香りは波動なので 〇〇で買うと、香りが違う! 
 ~宇宙の素粒子エネルギーを受け取るには~』
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-4475.html

ローマ教皇が「ゾンビの国・日本」に送った言葉
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-800385.html
===========

 


<2020年へ☆ 大開運セミナー>
~あなた自身の重要テーマへ、
 あなただけの魔法と祈りを捧げる~
『2019年テンコ盛り☆ぶっちゃけクラス』


・12月14日(土)大阪☆13時45分~16時15分

◇ドーンセンター 調理室(4F)
http://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html
大阪市中央区大手前1丁目3番49号 / TEL 06-6910-8500
京阪電鉄・地下鉄谷町線 天満橋駅下車徒歩3分

・12月22日(日、冬至)東京☆13時45分~16時15分
◇ソフィアホール(4F)
http://sophia-harmony.co.jp/#access
世田谷区奥沢5-41-12ソフィアビル 
東急東横線・大井町線 自由が丘駅より徒歩3分

☆★☆今回もご欠席扱いメールコースもございます☆★☆



<ご参加費用> 事前振込 10,000円(当日1万1千円)

★当日は、お席がある場合に限らせて頂きます。

<お申込み方法>
・下記「お申込みフォーム」にご記入頂き、
 件名を、『東京』又は『大阪』とご記載頂き、
   sakura14dai@docomo 
 
へ お申し込みください。

・返信メールにて、詳細をお知らせいたします。


********< お申し込みフォーム >********
(1)お名前:
(2)フリガナ:
(3)振込名義が異なる場合、振込者名:
(4)電話番号:
(5)E-mail アドレス:
(6)あなたのお住まいの都道府県:
(7)あなたの星座:
(8)生年月日・お生まれの都道府県(任意です):
(9)分かる方は、生まれ時間も♪(任意です):
(10)限定生産☆乳液(4,070円):   本
 ~ご予約締切: 12月10日(火)~

<<ご欠席で受け取られる場合は、送付先住所>>
郵便番号:
住所: 
****************************

<サロン・オアシス イベント情報>
http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

クリック募金BP