無料ブログはココログ

« 閉店後も20年家賃払い続け… サイゼリヤ1号店を守り続ける地元の人たちの思い | トップページ | 奇跡の虹のプレゼント! ~ No Rain, No Rainbow ~ うお座の新月2時間前のダブルレインボー☆  »

ピンチはチャンスのアパホテル! アパホテルが黒字9億円超! なぜ「1泊2500円」でも儲かるのか

「アパはリーマンショック後の地価下落時に
 駅前中心に大量の土地を安く購入し、
 そこにホテルを建てる戦略が当たった。
 またホテル以外の不動産事業の収益も大きく、
 それでグループ連結の黒字を確保できたと見られます」


コロナ禍で苦境に喘ぐホテル業界において、
大手が軒並み赤字に転落するなか、
アパホテルの決算に驚きの声が上がったそうだが、

ただ、振り返ると、
上述のきっかけは、

「耐震偽造問題で金融機関が一括返済を求めた為、
 資産売却ぜざるを得なかったのが、“たまたま”
 リーマンショック前の高値だったお陰で、
 リーマンショック後に安値で市場より購入できた」


そう会長が、先日のテレビ番組で語っていた!


“ピンチがチャンス”となる“運”は何が左右するのか?

とても深い想いになる。。。


===================
アパグループの2020年11月期連結決算は
売上高904億円(前期比34.1%減)、
経常利益10億900万円(同97%減)と落ち込んだものの、
純損益で9億4900万円の黒字を確保したのだ。


「昨年4月の緊急事態宣言下は、
 ホテル稼働率が30%程度まで落ち込む厳しい状況でしたが、
 1泊2500円の『コロナに負けるなキャンペーン』を打ち出したことで、
 単価は下がったものの6月には稼働率72%まで戻すことができました
 (同時期の国内ホテル稼働率は平均24%)。

 この企画やテレワークプランで新たな需要を掘り起こし、
 自社サイト『アパ直』への誘導で
 手数料を削減できたことも大きかった」(アパグループ秘書課)


とはいえ、
1泊2500円で泊めれば赤字が膨らみそうにも思えるが、
どんな“カラクリ”があったのか。
『経済界』編集局長の関慎夫氏が言う。


「アパはリーマンショック後の地価下落時に
 駅前中心に大量の土地を安く購入し、
 そこにホテルを建てる戦略が当たった。
 またホテル以外の不動産事業の収益も大きく、
 それでグループ連結の黒字を確保できたと見られます」


アパグループは2021年も新規ホテルの開発を計画通り進め、
24棟5007室の開業を予定しているという。


「ただし、大量出店は諸刃の剣です。
 コロナが収束して人の流れが戻れば
 さらなる成長が期待できるが、
 見込みが外れれば逆に大きな負担となる」(前出・関氏)


アパグループは、

「コロナは長くてもあと1年で収束すると予測しています。
 コロナ禍でホテルの売り情報が増えてきていますので、
 積極的に取得を検討し、
 さらに出店ペースを加速していきたい」(秘書課)

と強気だが、今後も攻勢は続くのか。

※週刊ポスト2021年3月19・26日号

« 閉店後も20年家賃払い続け… サイゼリヤ1号店を守り続ける地元の人たちの思い | トップページ | 奇跡の虹のプレゼント! ~ No Rain, No Rainbow ~ うお座の新月2時間前のダブルレインボー☆  »

サロン・オアシス☆ メルマガ抜粋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 閉店後も20年家賃払い続け… サイゼリヤ1号店を守り続ける地元の人たちの思い | トップページ | 奇跡の虹のプレゼント! ~ No Rain, No Rainbow ~ うお座の新月2時間前のダブルレインボー☆  »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

クリック募金BP